2次選考結果通知開始、3歳児待機児緊急対策は?

ホーム > 2次選考結果通知開始、3歳児待...

2019年2月26日

今年度も残り1ヶ月となりましたが、
新年度からの子どもの預け先が
未だに決まっていない方もいます。

 

認可保育園2次選考結果通知始まる

 

世田谷区の認可保育園2次選考が確定し、
本日から連絡が始まるとのことです。

 

1次選考で内定した方からの辞退も
ある程度あったようで、エリアによっては
2次で内定通知がある方も一定数あるようです。

 

しかし、今年度世田谷区は待機児童が
大幅に減少した影響か、
年末にブログでお知らせした通り、

 

>申込者数増加で再び待機児童増加か(世田谷区保育園関連最新情報)

 

申込者数が増加してしまいました。

  

このことについて、雑誌アエラから取材を受け、
先週号にコメントが掲載されていたようです。

 

マスコミにコメントを求められ

 

アエラ2•25号P62より

 

認可保育園の1次選考結果後に
風間に寄せられた相談内容から、
3歳児待機児童が何年かぶりに
出そうだと感じており、2次選考でも
内定がでないケースがかなりありそうです。

 

このような状況にもかかわらず、区からは
具体的な対策などがでてこないことを
先日のブログで報告しましたが、

 

>有効な待機児解消策を出せない世田谷区

  

先週開会した世田谷区議会定例会にて
世田谷立憲民主党社民党代表質問で
保育待機児童の緊急対策や選考から
通知に至るプロセス改善を求めました。

 

区議会本会議で保育の問題改善策を要求

 

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

区からは、定期利用保育枠について
3歳児を優先的に受け入れることや
2歳までの認証保育所・保育室に
3歳待機児童の継続預かり依頼を
するとのことでした。

 

保育を必要とする全ての児童を預けられる環境を

 

エリアや年齢によっては、認証保育所などの
認可外保育施設で辞退者が出たことから
現在空きがあるという情報もあります。

 

保活を継続されている方にとっては
かなり大変な状況かと思いますが、
3月に入ってからも玉突きで空きが出て
連絡があるケースもよくありますので
粘り強く取り組んでみてください。

 

このタイミングですと、風間への保活相談も
2020年4月に向けという方が増えてきますが、
次年度を視野に入れてどのように活動するか、
助言を行っています。

 

議会では来週から始まる
予算特別委員会で、さらに
保育枠の拡大を求めて参ります。

 

 

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ