「風間ゆたか」ホームページ > 有効な待機児解消策を出せない世田谷区

世田谷区は2020年4月の保育待機児童が
ゼロになることを目指してきました。

 

保育枠の必要数を算出し、
保育施設整備計画を立て、
様々な課題を乗り越え、今年度の4月には
ピーク時(2016年4月)1198人の6割減
となる486人にまでなりました。

 

毎年1250〜2000弱の保育受入枠増によって
この結果が得られたわけですが、
今年度増加できた数は594枠となり、
認可保育園1次選考では、3000人以上の
申請者に内定が出せない状況となりました。

 

風間が議員になった12年前、
初めての議会で保育待機児童解消を求め
以降毎年具体的な提言をし続け、
ようやく解消の可能性が見えてきただけに
とても遺憾です。

 

風間の初議会「質問議事録」より

 

根本的な問題解決策は保育枠の増加

 

毎日、認可保育園の選考過程などに関する
ご意見メールをいただきますが、
誰かが入れて誰かが入れない状況こそが
問題であるため、根本的には待機児童が
いなくなるだけの保育施設を
整備しなければならないと考えています。

 

待機児童最多となった3年前のこの時期に
以下のように議会で取り上げています。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

お粗末な世田谷区の待機児童解消策

 

本日行われた福祉保健常任委員会では、
2020年4月の保育待機児解消のために
来年度1285枠増の計画などについての
報告がありました。

 

世田谷区の保育施設整備数と待機児童数の推移

 

しかし、このグラフを見れば、
1285程度の増枠で待機児童がゼロに
なるわけがありません。

 

2016年に1959枠を増やして
ようやく待機児童が減少し、
翌年2017年は1275枠程度の増設であっても
申込者数が435人減少したために、
待機児童数が375人減少したのです。

 

世田谷区の対策案

 

また、同じ資料に示されている対策も
解消できるとは思えないお粗末なものでした。

 

2019年4月段階での待機児童数は
ほぼ間違いなく増加するでしょうから、
2020年4月に解消させるには、
少なくとも2500枠程度は増枠させねば
実現できないと考えます。

 

2月半ばから行われる区議会本会議では
代表質問を担当する予定なので、
この問題を追求し、整備計画の上方修正を
求めていきます。

  • 世田谷保育マップ
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728