ホーム › 記事一覧 › 実現!母子手帳に子どもの権利条約

実現!母子手帳に子どもの権利条約

  • 親になることを実感するのは
    どのタイミングでしょうか?

     

    女性と男性では大きな違いがあろうかと
    思いますが、風間は長男が生まれてきて
    実際に抱っこをした時でした。

     

    女性はエコー検査で確認した時なのか?
    実際に出産した直後なのか?人によっても
    様々かとは思いますが、母子手帳を
    受け取った時という方もいるかと思います。

     

    世田谷区の母子手帳、リニューアル

     

    その母子手帳は自治体毎に異なるのですが、
    世田谷区は今年度からリニューアルされました。

     

     

    今日の午後の街頭演説ではその件について
    報告していますので、是非ご覧ください。

     

    (下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

     

    これまで何度か母子手帳改訂について
    議会で取り組んだことを綴りましたので
    詳細は以下の記事をご覧ください。

     

    > 「子どもの権利条約 母子手帳に」実現の背景

     

    > 小学生から区長へ、子どもの権利条約の掲載を再び

     

    > 子どもの権利を学校で学ぶ、は実現するか?

     

    妊娠して母親になる人たちが保持する
    母子手帳に「子どもの権利条約」を乗せれば
    虐待に苦しむ子どもがいなくなるのではないか。

     

    こう考えた世田谷区に住む小学生から、
    風間は掲載を求められ、議会の場で提言し、
    保坂区長が必ずやると答弁してものが、
    実現し写真のページが加わりました。

     

    子どもの権利条約記載ページ

    世田谷区の子ども子育て支援の拡充に向けて

     

    他にも追加されたページがあります。

     

    新たに追加されたページ

     

    これまでの母子手帳は就学前までの
    記録をできるものでしたが、
    子どもの定義から18歳までの記録を
    できるようになっていました。

     

    また、各ページの下部の帯にワンポイント
    アドバイスが記載されていました。

     

    この写真には以下のように記載されています。

     

    言葉にしてほめることが難しい人はハイタッチから。
    スキンシップも大事なコミュニケーション。

     

    小さな取り組みですが、子どもの権利を守り、
    子どもを産み育てる環境をより良くするべく
    今後も取り組んでいきたいと思っています。

    ブログ記事一覧