区立中学校間格差を解消することはできるのか?

ホーム > 区立中学校間格差を解消すること...

2019年3月26日

区立中学校は通いたい場になっているのか?

 

昨日は世田谷区立小学校の卒業式でした。
卒業生と保護者のみなさまにお祝い申し上げます。

 

卒業式前の様子

 

例年、来賓席に参列し、お祝いしてますが、
今回は保護者席での参列となりました。

  

6年間は長いようであっという間でしたが、
地元区立中に進学する愚息は、中学校生活を
あまり楽しみにしていないようです。

 

理由を聞くと、中学見学をした際に、
先生が厳しく偉そうで、楽しくなさそう、
とのことでした。

 

区立中学校間格差は容認できない問題

 

同じ世田谷区立の中学校でも
先日のブログで紹介した

 

> 注目される桜丘中学校、その取り組みが世田谷の全区立中に拡がるか?

 

桜丘中学校とは正反対とも言える
高圧的指導が未だになされている
中学校がたくさんあり、先日の議会質疑で
改善をするべきだと取り上げました。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

学校選択制ではない世田谷区は
住んでいる地域によって、教育に
差があってはならないと考え、
これまでに何度も改善を求めてきました。

 

高圧的な不適切指導の根絶を

 

特に風間の地元の中学校でも、
不適切指導を行う教員がいるということで
被害を受けた生徒から直接話も聞き、
教育委員会に対策を求めたこともあります。

 

世田谷区立の小学生が区立中学に進学するのは
1/3程度という状況が続いていますが、
このような実態を知れば、行きたくない子どもや
行かせたくないと考える保護者が増えても
不思議ではありません。

 

一方で、桜丘中学校には、
保護者が行かせたいと感じたり、
指定校変更をして入学する子どもが
実際にいるのです。

 

教育委員会は区立中学校の魅力作りに
取り組んできましたが、小手先ではなく
教員が変わって行かねばならない
時代なのだと改善を求めました。

 

とはいえ、実際には校長の権限が強く、
中学校を桜丘中学校のように変えるには
教育委員会が介入できないのが実状なのです。

 

カジュアルデーは改革の一歩となるのか?

 

この問題は、制服問題や校則問題など
他の議員も今回の予算委員会で取り上げ、
改善を求めましたが、教育委員会の改革?は
こんなピントの外れたものでした。

 

 

昨日のブログで綴ったオルタナティブ教育は

 

> 世田谷区でオルタナティブ教育は導入されるのか?

 

高圧的指導とは対極にあるものであり、
今回の議会質疑動画は昨日アップしたものの
続編なのです。

 

質疑動画でも触れてあるように
ことなかれ主義の校長が自ら改革する訳はなく
カジュアルデーで形式的に取り組んでも、
教員の指導が変わらなければ、
中学校が変わったとは言えません。

 

区民の皆さんの代弁者たる議員が
このように議会で改善を求める以外にも、
実は学校運営委員会が校長に改善を
要求することができるはずなのです。

 

中学校の改善については、選挙で再選できれば
取り組んでいくべき課題と位置付けています。

 

皆さんのご意見を区政改善に繋げていく為にも
再選せねばと感じています。

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ