世田谷区の認可保育園、辞退者激増の対策を

ホーム > 世田谷区の認可保育園、辞退者激...

2019年3月14日

認可保育園に空きがあることが明らかに

 

来月4月からのお子さんの預け先が確定していない
家庭がまだかなりいらっしゃるかと思います。
先日のブログ

 

>2次選考結果通知開始、3歳児待機児緊急対策は?

 

で緊急対策を求めたことを報告しましたが、
実は認可保育園4月入園で、空きが出ている
ということが一昨日の風間の質疑で
明らかになりました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

この動画で確認できます通り、
今年は保育課の想定以上に内定辞退があった
ということです。

 

辞退者対策に取り組む世田谷区

 

この辞退者の中には一定数育休延長の為に
形式的に申し込んだ方がいるということと
遠くの認可よりも近くの認証などに決めた
という方がいらっしゃると捉えています。

 

実際、風間は1年通じて保育相談を受けますが、
この時期に多いのは、どちらの園にしようか
迷っているという相談と翌年の見込みや
対策についての相談です。

 

未だ迷っている方は辞退連絡をしていない為、
例年のことではありますが3月後半になって
空きが出てしまうのです。

 

よって、この時期に
園から内定連絡がくることもありますが、
この時期ですと、既に預け先を決めている
家庭も多い為、かなり順位が低く諦めていた
という家庭にも連絡があったりするのです。

 

まだ決まっていない方にとっては希望が持てる
ことかと思いますが、本当に困っている方に
してみれば、複数確保されている方は早く
辞退連絡をして欲しいところかと思います。

 

一昨日の質疑では、このように辞退連絡が
遅くなることによる様々な影響が最小限になるよう
取り組むことも求めましたが、育休延長希望の
方への対策も求めました。

 

育休延長希望者には指数減点を

 

これまで世田谷区は、この育休延長希望者の
指数を下げるなどの対応は難しいという
反応でしたが、これだけ辞退者が多くなると
影響が大きすぎるということで、具体的に
取り組むことを求めたのです。

 

これは1次選考で内定が出なかった方がたから
ご意見も頂いておりましたが、ついに指数減点など
取り組んでいくとの答弁がありました。

 

来年4月の先行には反映されることと思いますが
進捗があり次第、ブログでも報告していきます。

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ