世田谷区は?組体操の危険性、国...

ホーム > 世田谷区は?組体操の危険性、国...

2019年1月18日

今週のヤフーニュースでこの記事に
注目した方もいらっしゃるかと思います。

 

日本の組み体操、危険性審査へ 
国連の子ども権利条約委員会

 

ヤフーニュースより

 

組体操による重大事故は全国各地で
起こっており、風間も近所の病院で
組体操事故の被害者の話を
耳にしたことがあります。

 

世田谷区内でも組体操関連の重大事故が

 

実際に世田谷区内でも組体操の練習中の
事故により重い障害を負ってしまったと
2年前に区は提訴されています。

 

風間は世田谷区が提訴される前に
この問題を取り上げ、組体操の見直しを
議会で求めています。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

この翌年度から、世田谷区内の小中学校では
運動会の内容について見直されました。

 

リスクの高い組体操は必要なのか?

  

風間の地元の小学校では
ピラミッドやタワーの類はなくなり、
総合的な演技に変わりました。

 

組体操は保護者や教員が感動するので
期待する声も多いという意見がありますが、
子どもの身体的リスクを抱えたまま
やらせるものではないと考えます。

 

風間は保護者視点でも、新たな演技に
取り組む息子の姿を見ていて、十分に
感動することができました。

 

しかしながら、世田谷区内では
ガイドラインを設けた上での
学校長判断ということになり、
未だに従来通りの組体操が
行われている学校もあるのです。

 

国連子ども権利条約委員会の
審査結果に期待し、改めて
全校での組体操見直しを
求めていきたいと考えています。

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ