「風間ゆたか」ホームページ > ご存知ですか?区役所の天下り

皆さんは「天下り」を良しとしますか?

 

職員OBが外郭団体に再就職できる仕組み

 

世田谷区に限らず多くの地方自治体では、
役所職員幹部は定年後に再就職を希望すれば
外郭団体に再就職できる仕組みになっています。

 

一般的にはこれを「天下り」と呼ぶのだと
認識していますが、風間は議員になってから
12年間一貫してこの制度を廃止すべきだ、
と求めてきました。

 

世田谷区役所の言い分としては、
国の省庁で問題視された「天下り」とは
勤務日数や給料などの条件が異なり、
天下りではないとのことなのです。

 

天下りの2つの問題点

 

問題視する一つの理由は、
外郭団体の幹部ポストを区の職員幹部OBの
指定席にしてしまっていることです。

 

同じ構造で、区議会議員の天下りポストに
なってしまっていた選挙管理委員会委員
についての記事はこちらをご覧ください。


> 区議会議員の天下り、容認できますか?

 

外郭団体は自主財源もありますが、
多くの財源は税金ですから、公平公正に
幹部ポストの採用をすべきだと考えます。

 

世田谷区には民間で様々な経験をされた方が
お住いであり、その経験を区政に生かして
もらえる可能性があることから、我々は
公募すべきと提言してきました。

 

もう一つの理由は、区役所からの補助金や
事業委託による馴れ合いの構造という問題です。

 

現役職員にとってはかつての上司や先輩が
外郭団体幹部となっているわけですから、
補助金や事業委託がそのような人間関係や
馴れ合いで継続してしまう懸念があります。

 

慣れないによる弊害が明らかに

 

実際、今年度は世田谷区サービス公社が
委託事業に応募する際に提出した書類に
数字の間違いがあったにもかかわらず、
委託先に選定されていた事案がありました。

 

国際交流事業をせたがや文化財団への
委託ありきで計画しているような案件や
経済産業部が産業振興公社に丸投げで
毎年行っている事業などもあります。

 

昨秋の決算特別委員会では
これらを含めて見直すべきだと
実務を取り仕切る副区長に求めました。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

天下りを見直すべき、と求めてきましたが、
定年まで区役所で勤め上げた幹部の皆さんには
相応の知見があるものと風間は考えています。

 

その経験を引き続き区役所でいかしてほしい

 

地方公務員は定年後も再任用制度で、
65歳まで役所で働くことができますから
後輩職員のサポートをしていただくことが
望ましいと考え、これを求めてきました。

 

今では毎年多くの方がこの制度によって、
役所に止まり活躍してくれていますので、
天下りをなくせるはずなのです。

 

このような実態も多くの区民の皆さんに
知ってもらえればと思います。

  • 世田谷保育マップ
  • 2019年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031