人物を知る

ホーム > 人物を知る

プロフィール

1973年
東京生まれ(教員と専業主婦の長男として)
1991年
早稲田大学本庄高等学院 卒業
1995年
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
1995年
株式会社ベネッセコーポレーション 入社 …
キャリア開発事業部にて全国420大学の営業開発を担当。
1997年
大学生向け就職支援業の中小企業に転職 …
大学生のべ500人程のキャリアコンサルティングを行う。
2000年
株式会社ウィル・シード 創業期に参画 …
メンバー4人でベンチャー企業立上げを経験。
2004年
同社 取締役就任(学校教育事業責任者として) …
経済産業省起業家教育促進事業責任者として全国各地の小中学校にて体感型授業を実践。
2006年
同社引退(社員数10倍、売上20倍となり)
2007年
世田谷区議会議員(3810票で初当選)
文教常任委員会副委員長(~2009年)
2011年
世田谷区議会議員(6116票で再選)
2015年
世田谷区議会議員(5182票で再選)
環境・空き家対策等特別委員会委員長(〜2017)
2017年
災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会委員長
2018年
立憲民主党東京都連常任幹事(23区西ブロック長)

その他歴

2003年
早稲田大学大学院
MBAプログラム非常勤講師(~2005年)
2004年
(財)日本サッカー協会
スポーツマネジャーズカレッジ特別講師(~2006年)
2006年
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科
非常勤講師(~2010年)

現在

世田谷立憲民主党・社民党 幹事長
災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会委員長

立憲民主党東京都連常任幹事(23区西ブロック長)

風間ゆたかの「教育を通じて学んできたこと」

小中学校時代

企業経験がある恩師から、様々な職業について学ぶ。恩師による裸足とトイレ清掃の教育で、鍛錬と貢献を体感。地域のおじちゃん達から、生きる知恵と地域愛を教わる。

高校・大学時代

甲子園を目指す野球部主将として、リーダーシップを学ぶ。大学時代はラグビーで、「One for all, All for one」を体感。エチオピア支援ボランティアで、企画立案とマネジメントを経験。

風間ゆたかの「教育で恩返し」

学校現場にて

全国小中学校のべ30,000人と約2,000人の親に、ビジネスゲームを用いた体感型授業を提供。全国約10の地域で、校長や教員にマネジメント研修を実施。早稲田と青山学院の大学院授業にて、コミュニュケーションスキルや国際交渉の講師を担当。

企業や役所、個人対象にて 大学生約1000名の就職相談に対応し、社会人基礎を講習。政府の若手官僚研修会や都・区の職員研修にて講師を務める。大手企業年間約200社(約15,000人対象)に社員研修を提案・実施。起業家教育やキャリア教育など新しい教育をテーマにした、執筆、講演、検討委員を各所で行う。

家族構成

妻(教育系NPOスタッフ/フリーランス)
・長男(中学生)・次男(小学生)・長女(小学生)