ホーム › 記事一覧 › この社会の問題に取り組むこども若者たち

この社会の問題に取り組むこども若者たち

  • チェンジメーカーってご存知ですか?

     

     

    「社会の課題を自分ゴトととしてとらえ、

    自分を変えて、社会に変化を起こす人」

    という説明が、最もわかりやすいと考えています。

    最近ではスウェーデンの

    環境活動家グレタ・トゥンベリさんが

    日本でも知られた存在ですが、

    世田谷には近しい所に

    戦後日本の元祖ともいえる人が

    いることに気が付きました。

    日本では若き社会起業家が

    チェンジメーカーと呼ばれることもありますが

    冒頭の説明文は、僕が理事として関わる

    NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

    のホームページに記されている内容です。

    カナダ発祥のこの活動を日本で21年間続けてきた

    この団体の拠点は世田谷区内にあり、

    このように訴えかけています。

    「子どもや若者だからこそ、できることがある」

    「誰もが“チェンジメーカー”になれる」

    政策を実現させた世田谷の子もスピーカーに

    コロナ禍で延期となっていたこの団体が主催する

    チェンジメーカーフェス は、

    いよいよオンラインで3/20に開催されます。

    本場カナダでは、リアル会場で

    1万人超の子ども若者が集うフェスになっており、

    日本でも多くの子ども若者が

    参加するといいなと思っています。

    世田谷区の母子手帳に、

    再び「子どもの権利条約」を!

    と、3年前に僕と保坂区長に求め実現させた

    当時小学6年女子もスピーカーとして登場します。

     
    https://ftcj.org/changemakersfes

    チェンジメーカーの先輩として

    フェスには保坂区長にもビデオメッセージで

    登場してもらおうということになり、

    本日団体代表と共に区長室を訪れました。

     

     

    保坂区長は中学生から社会問題に取り組み、

    変えるために行動し、

    後に司法学生たちが学ぶ判例を作った

    昭和40年代のチェンジメーカーとも言える人です。

    保坂区長は熱のこもった

    素敵なメッセージを発してくれました。

    多くの子ども若者に見てもらいたいと思います。

    そして

    「世界は変えられる」

    子どもがそう感じられる社会になることを目指し

    私たちも活動を続けてまいります。

    ブログ記事一覧