ホーム › 記事一覧 › 先進的な教育委員会、熊本市の話を伺う

先進的な教育委員会、熊本市の話を伺う

  • 今日は午前中、議運委員会と幹事長会に出席し、

    その後、世田谷立憲民主党社民党の

    会派視察で九州へ向かいました。

     

     

    コロナ禍で、行政視察を受け入れてくれる

    自治体はほとんどない状況でしたが、

    個人的な繋がりで面会予約を頂きました。

     

     

    初日/苫野 一徳 熊大准教授と面会

    初日は教育哲学者で熊本市教育委員の

    苫野 一徳 熊大准教授とお会い頂きました。

     

     

    緊急事態宣言による休校期間に

    いち早く在宅オンライン授業を行い

    注目された熊本市の教育について、

    教育委員の視点からお話を伺いました。

     

     

    また、オルタナティブ教育や不登校対策など、

    これからの公教育についても貴重なお話を

    伺う事ができました。

     

     

     

    苫野 一徳 熊本大准教授と面会。熊本市教育センターにて。

    コロナ禍で教育を止めないために。

    九州視察2日目午前は、

    熊本市のICT教育政策を伺うために

    熊本市教育センターを訪問しました。

     

     

    2016年の熊本地震以降、

    教育長のリーダージップにより

    ICT教育が推進されたそうです。

     

     

    そのことが今回の休校期間中に活かされ、

    各学校でできることから取り組んでいこうという

    スモールステップでオンライン授業が行われたそうです。

     

     

    オンライン授業の効果として

    不登校だった児童生徒の4割!もが

    参加するようになった事は衝撃的でした。

     

     

    熊本市教育センターの副センターによる説明。

    将来を担う世代のために

    その後、教育長室に移動し、遠藤教育長から

    直接熱い思いを聞くことができました。

     

     

    今回の熊本視察は、世田谷区の学校教育において

    すぐに取り入れられることがたくさんありますので、

    世田谷区教育委員会に提言していく予定です。

     

     

    ブログ記事一覧