国政も、世田谷区政も。

ホーム > 国政も、世田谷区政も。

2020年1月14日

今年は稀に見る暖冬とのこと。

 

 

朝の街頭演説をしていると身をもって
感じることができます。
(とはいえ、1時間立ち続けると
 さすがに手足の感覚がなくなります)

 

今朝は駒沢大学西口駅頭にて

手塚よしお衆議院議員と街頭演説を行いました。

 

駒沢大学駅西口での街頭演説

 

この場所で風間が手塚さんと街頭演説を
行うのは14年目となりますが、
手塚さんにとってはちょうど街頭演説が
28年目となる時期とのことでした。

 

そんな手塚さんは現在、衆議院の
議院運営委員会で野党筆頭理事として
国会運営について与党側とのせめぎ合いを
行う立場にあり、これから始まる通常国会
についてのお話がありました。

 

風間からは、世田谷区の来年度予算について
役所側から大枠での案が提示されましたので
その内容について報告をしました。

 

区役所から配布された予算案概要

 

世田谷区は人口が増加し続けており、
来年度の区税収入は14億円程度増加見込み
ですが、それだけニーズも拡大しており
支出も膨らんでいます。

 

来年度の一般会計予算案は
前年から84億円増の3277億円でした。

 

このような状況下、ふるさと納税による
流出見込み額は年々増加し、
来年度見込みは70億にもなるとのこと!

 

限られた税収ですから、無駄遣い予算は
削減を求めて行く必要があります。

 

2月半ばから区議会定例会があり、
来年度予算案について議論する
予算特別委員会も開催されますので
議論の状況なども今後報告いたします。

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ