ホーム › 記事一覧 › 5月から始まる任期までに何をしているのか?

5月から始まる任期までに何をしているのか?

  • 当選後も朝立ちは続く

     

    統一地方選挙が終わり4日が過ぎましたが、
    毎朝駅頭に立ち当選挨拶を行っています。

     

    (下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

     

    当選後に何をしているのか?

     

    当選が確定した12時間後には、区役所内で
    当選証書の授与式が行われました。

     

     

    4期目の任期は5月1日からとなるので、
    現在は3期目の終わりという状況です。

     

    日中は、選挙の収支報告書の作成や、
    多くの方から頂いたメールやSNS上の
    お祝いのお返事をしていますが、
    5月から新たなメンバーで始まる
    区議会体制の準備にも取り組んでいます。

     

    我々立憲民主党区議団はこれまで同様に
    社民党区議団と統一会派を組むことになり、
    風間は改めて幹事長に互選されました。

     

    さらに保坂区長の政策を支持し、区政を共に
    前進させていく仲間を求めています。

     

    当選者についてはこちらをご覧ください。

     

    世田谷区ホームページより

     

    期待感が拡がっている立憲民主党

     

    今回の世田谷区議選の政党別当選者数は

     

    ・自由民主党 13人(-4)
    ・公明党 9人(-1)
    ・立憲民主党 6人(+2)
    ・日本共産党 3人(-2)
    ・生活者ネットワーク 3人(+1)
    ・社会民主党 2人(+1)
    ・日本維新の会 1人(+1)
    ・都民ファーストの会 1人(±0)
    ・諸派、無所属 12人(+4)

     

    となっており、自公共が議席を減らす中、
    立憲は2人落選するも2議席増となりました。

     

    立憲民主党は東京都内の統一地方選挙にて
    121名を擁立し、113名が当選、
    中でも女性候補者は46名全員当選となり、
    東京では立憲民主党当選者の40.7%が
    女性となりました。

     

    ちなみに旧民進党から党名が変わった
    国民民主党は東京での公認候補38名中
    17名のみの当選だったようで、
    世田谷区では2人とも当選ラインの
    半分以下の得票で落選でした。

     

    立憲民主党の政策実現を世田谷から

     

    今回の選挙では、我々立憲民主党への
    期待感が高まっていることを実感しましたが、
    一方で風間は応援するけど政党は支持していない
    と言う方も何人かいらっしゃいました。

     

    私の取り組みを評価して頂けるのは
    とても嬉しいことですが、風間の政策は
    基本的に立憲民主党の政策に一致しているので、
    今後は多くの区民の皆さんに立憲民主党の
    政策を伝えていくことも重要だと感じました。

     

    皆様と約束した政策を世田谷で実現させながら
    合わせて取り組んでいこうと思います。

    ブログ記事一覧