「風間ゆたか」ホームページ > 実現!ふるさと納税で子どもの海外派遣を。

世田谷区は子どもたちが、
海外に派遣される機会を増やすべきだ、
と求め続けてきました。

 

世田谷区の小中学生海外派遣枠増加が実現

 

昨年から姉妹都市であるオーストラリアの
バンバリー市に区立中学生派遣枠が増加し、
来年から小中学生をフィンランドに
派遣する予定となり、再来年度からは
米国ポートランド市への中学生派遣を
検討するまでに至りました。

 

「世界に羽ばたく世田谷の子どもたち」

 

これをスローガンに掲げてきた世田谷区。

 

前の教育長はこれを掲げるだけで、
実際にやったことは教科日本語の導入。

 

保坂区長が推薦した今の教育長は
議会保守勢力の批判を浴びながらも
自ら現場を訪れ派遣先を次々と
増やしてきたので評価しています。

 

文科省事業を参考にふるさと納税のメニューに

 

参加者の自己負担額があるとはいえ、
その財源の大半は税金ですから
限りはあると認識しています。

 

そこで、9月の本会議一般質問で風間は、
寄付文化醸成を目指す世田谷区として
ふるさと納税で子どもの海外派遣を!
と提言したのです。

 

以下の動画をご覧ください!

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

この質問をする事前調査として、
文部科学省を訪問しトビタテ留学ジャパン
の担当者から詳細をヒアリングしました。

 

トビタテ!留学JAPANのHP

 

文部科学省の事業ながら、
留学費用については企業や個人からの
寄付で賄っており、このような取組が
地方自治体に広がっているという話を伺い
寄付文化醸成を目指す保坂区政としては
是非とも取り入れるべきと考えたのです。

 

今年度目標1000万円!と想定外の実現

 

区議会議員の中には、
区内商店の品物などで返礼品合戦に
参戦せよと主張する人もいますが、
特定商店の品物を行政が取り扱うなど
とてもキナ臭いことだと感じています。

 

世田谷区のふるさと納税メニューは
寄付文化醸成に伴うものとする、という
保坂区長の方針を風間は支持しています。

 

そして、一昨日の文教常任委員会で、
これが実現することを確認しました。

 

文教常任委員会報告資料

 

この文書の通り、早速来月12月から始め、
4ヶ月弱で1000万円を目標に掲げるなど
行政にしては珍しくチャレンジングですが、
世田谷にゆかりのある多くの方にご賛同頂き
海外派遣される子どもの数が増えることを
期待しています。

 

この記事をご覧になった皆さま、
是非シェアなどして頂き、
ふるさと納税して下さる方が増えるよう
ご協力をお願いします!

  • 世田谷保育マップ
  • 2018年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930