「風間ゆたか」ホームページ > 小中学校での良い取組みを拡げたい!

久しぶりに天気の良い週末となりました。

秋は区内での行事もたくさんあるので、

今週末の晴天を望んでいた人も多いのではないでしょうか?

 

風間は土日ともに午前午後とあちこちに参加していました。

 

まず土曜日の午前中は、松沢小学校で行われた家庭教育学級を視察してきました。

この小学校の家庭教育学級委員の方から、内容的にも参考にしてほしいので

ということでしたが、手話通訳者が入る初めてのケースだそうです。

 

講師の方は、20年間ディスニーランドを運営するオリエンタルランドの社員として働き、

その過程で難病の子どもと家族を支援する仕事に携わり、

今では会社を退職して「難病の子どもとその家族へ夢を」という公益社団を立ち上げ、

活動している素敵な方でした。

 

最後は参加した方の多くが涙する感動的な講演でしたが、

授業のない土曜日の午前中ということで参加者が少なく、

もったいないと感じました。

 

世田谷区教育委員会は各PTAに委託をし、家庭教育学級が運営されていますが

今年は風間も実際に委員をやってみて、区教委の支援のあり方には工夫の余地が

あると思いました。

 

今後の議会で提案していこうと思います。

 

さて、この日の午後は、地元駒留中学校の文化祭でした。

このブログでも何度か紹介してきましたが、駒留中学校の中には

全国初の中学校内保育園があり、我が家も長男次男が通っていました。

 

この保育園と中学校の繋がりや連携は本当に見事で

3年前からは、中学校文化祭のステージで保育園児の合唱が行われるようになりました。

 

この保育園児の合唱の様子を見に行ってきましたが、

中学生からは「かわいい〜」との声がたくさん聞こえてきて、

保育園児も緊張しながら一生懸命歌っていました。

 

保育園児と中学生の輪唱も行われて、とても良い取組みだと感じました。

 

風間は幼保小連携を強化すべきと提言してきましたが、

このように地域ごとに未就学児と中学生が行事を共にすることも

是非区内で拡げていくべきだと思いました。

 

区内幼保小中学校での良い取組みがありましたら、是非教えて下さい!

良い取組みは区内でどんどん拡げていきたいと思っています。