「風間ゆたか」ホームページ > 世田谷区の最新保育園整備情報!

今春の世田谷の保育待機児童数が1000人を超え、

激戦だったからか来春に向けた保育相談も

今年度はとても早い時期から風間のところに寄せられています。

 

世田谷区として来春に新設認可保育園を開設させるには

今月が時期的にぎりぎりな状況ですが、

先日新たに整備が決定したとの情報が入りましたのでお知らせ致します。

 

1.駒沢2丁目民有地に新設!

 

民有地の駒沢2-46(駒沢中学校の東側)に

定員46人程度の認可保育園を整備する予定。

 

事業者は埼玉県本庄市の社会福祉法人呉竹会で

新宿区でも認可保育園を運営しているそうです。

 

2.上馬4-12-3に拡張移転

 

定員20人で1・2歳児を対象としていた経堂コドモの園保育園が

上馬4-12-3に移転し、1~5歳までの定員60人保育園とする

ことが決定しました。

 

3.大蔵5丁目区有地の事業者決定

 

大蔵5-7の区有地に整備する認可保育園の詳細が決定。

あきる野市の社会福祉法人勧能福祉会が運営し、

来春40人定員でスタート。

H28年春からはさらに40人定員を増やし、80人定員となる予定。

 

4.上祖師谷4丁目施設の事業者決定

 

上祖師谷4-4の区有地に整備する認可保育園の詳細が決定。

埼玉県入間市の社会福祉法人あすみ福祉会が運営し、

来年7月以降に80人定員で開園予定。

今後は新制度の基づく小規模保育施設がどの地域にどの程度

整備されていくかが待機児童減少に繋がる鍵だと考えます。

 

情報が入り次第ブログでお知らせしきます!

 

また、来春までに保育園に預ける予定の方の保活相談は

お早めにご連絡下さい!

 

遅くなればなるほどできることが少なくなってきますので。。