「風間ゆたか」ホームページ > 今年も1ヶ月が過ぎて。。

今年になって早くも1ヶ月が過ぎました。
 
日本海側が記録的豪雪ということの影響からか
東京では強風が吹き荒れていました。
 
風間が10代を過ごした埼玉北端の本庄市では、
「赤城おろし」という今日東京で吹いたような「からっ風」が
毎日吹き荒れていたことを思い出しました。 
 
今日は午前中区議会議員の健康診断に行ってきました。
 
風間は2月4日生まれなので、
今年から前厄が始まるのか?来年からなのか?微妙なのですが、
いずれにしても体の変わり目の年なので、
健康には自ら注意していかねばと思います。
 
午後は、世田谷区都市計画審議会に委員として出席しました。
 
議題は報告事項2件。
 
1つめは、これまで区の地域風景資産だった経堂5丁目長島大榎公園隣接地が
特別緑地保全地区として都市計画決定とのことです。
 
2つめは、災害時に大きな被害が想定される区域となっている
太子堂5丁目と若林2丁目(一部)が「新たな防火規制」の
区域指定を受けたとのことでした。
 
この指定を受けた地域は、住宅などの建て替えの際に、
準耐火構造または耐火構造のものでなければ許認可が
おりないなどの制限があるのです。
 
世田谷区はいわゆる「モクミツ」(木造住宅密集地域)が多く、
以下の写真のように5箇所すでに指定を受けています。
tokeisin0201.jpg
 
我が家もこの③に含まれていますが、
あと1地域、区内でも指定すべき「モクミツ」があるとのことでした。
 
建て替え時になどでは首都直下型大地震には対応できない、
という外側からの意見もありますが、
一方ではこれまで住み慣れてきた住居を移転したり、
建て替えたりは、急にできない、という住民の声もあります。
 
防災について多くの人の関心が高いこの時期に
皆さんのお住まいのまちづくりについても
考えてもらえればと思います。
 
ご意見お待ちしています!

CATEGORY:未分類
TAGS: |