「風間ゆたか」ホームページ > 世田谷で落下した恐れのあるヘリコプターの窓は?

昨日の15時すぎ、
警視庁のヘリコプターの窓が世田谷区内に落下した可能性が高い
というニュースが昨晩からながれています。
大惨事になっていなければ良いのですが、
今だにどこで落ちたか不明であるものの、
用賀から池尻の間に落下した可能性が高いとのことでした。
我が家はこの2地域の直線上にはありませんが、
両幅1キロ以内には入ってくる地域です。
我が家の屋根や道路に落ちてきたことを
ちょっと考えただけでも恐ろしいことです。
そもそも何故こんなことがおこるのでしょうか?
落ちた窓は、バブル型のアクリル製で、
足で蹴破れば落ちる仕組みになっているとのこと。
衝撃力はおよそ100キロほどとのことですから、
どこかのマンションの屋上にでも落ちているのだとすると、
意外と住民が気づかないなどということなのかもしれませんが、
いずれにしてもあってはならないことです。
警視庁の再発防止と落下物の行方に注視していきたいと思います。
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類