世田谷図書館が民間委託でリニューアルオープン!

ホーム > 世田谷図書館が民間委託でリニュ...

2016年9月1日

世田谷区は図書館の充実に力を入れていますが、 弦巻にある中央図書館以外に15の図書館と 少し小規模な図書室が5つあります。   所在地などは区のホームページをご覧ください。   そして、保坂区長が就任してからは、より多くの区民が本を借りられるよう 二子玉川と三軒茶屋に貸し出し専用窓口とも言える 図書館カウンターが設置されました。   地方自治体の図書館といえば、佐賀県武雄市のTUTAYA図書館のように 民間委託が各自治体で導入されていますが、世田谷区でも本日 「世田谷図書館」が民間委託でリニューアルオープンとなりました。   場所は世田谷区役所のすぐ近く、以前税務署があった場所で 建て替えられた合同庁舎の1Fになります。   早速現場を視察してきました。   こちらが入口です。 入って左側にカウンターがあり、 中央にはこのようなラウンジがありました。   時間帯によって利用対象世代を区切っているのは、 世田谷では新しい取り組みかもしれません。 赤ちゃんスペースや、 視覚障害を持った方などでも利用できるよう 対面朗読室も設置されていました。 奥にはずらりと蔵書が配置され、 窓際にはデスク&チェアが並んでいました。 その空き状況なども このように表示されています。  
ちなみに委託先はTUTAYAではありません。  業界最大手と言われる「図書館流通センター」という事業者です。 区議会の中でも民間委託は賛否両論ですが、 風間としては、区民の皆さんのユーザビリティが向上したかどうかを 判断基準にしたいと考えています。   区役所近辺にいらした時には是非お立ち寄りいただき、 感想を聞かせてください!

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ