秋田県知事選で佐竹氏が当選したが・・・

ホーム > 秋田県知事選で佐竹氏が当選した...

2009年4月13日

昨日投開票があった秋田県知事選挙。
前秋田市長の佐竹敬久氏が当選となりました。
マスコミで報じられるのは、自民党県連などが推薦した候補者が
民主党などが推薦した候補に勝ったというような内容がほとんどです。
間違いではありませんが、佐竹氏はなんといっても
県内で抜群の知名度。
秋田藩主佐竹氏の一門である佐竹北家当主ということは
ほとんど報じられていません。
風間は前職時代、
秋田市の教育に関係した時に佐竹市長とはお会いしていますが、
地元で人気のある市長だと感じた覚えがあります。
その際、地域の方にお話を伺うと、
市長についてまずは地元名家の末裔と認知されていて
人気もあるとのことでした。
先の千葉県知事選挙結果も森田氏が当選しましたが、
政党推薦よりも知名度や人気度が結果に繋がっていると感じるのは
風間だけでしょうか?
確かに県連の支援や推薦があることで、
組織票が得られる可能性は高まるのかと思いますが、
秋田と千葉の知事選挙結果をもって、
自民党の信頼回復を感じさせる報道には憤りを覚えます。
とはいえ、このような報道が解散総選挙を後押しするような
気配も感じています。
いずれにしても、民意を得た政府が主導で
この大不況を乗り越えねばなりません。
一刻も早く解散総選挙してもらいたいものです。
そのとおり!と思った方はポチっとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリー

未分類

タグ