世田谷区認可保育園に関する最新...

ホーム > 世田谷区認可保育園に関する最新...

2015年12月24日

今日はクリスマスイブですが、とても温かい日となりましたね。

今回の記事は、認可保育園を申込している方にとっては

あまり喜ばしくない情報かもしれません。

クリスマスイブだけに恐縮ですが、このブログをご覧のみなさんには

少しでも早く情報をお届けしたいと思っているのでお許し下さい。

11月末締切だった来春入園希望の世田谷区認可保育園申込者数、

速報値を把握しました。

前年より264人増の6439人とのことです。

一方、入園可能数は372人分増の3282人と変わらず厳しい状況です。

特に厳しい状況である0歳1歳について

エリア別の申込者数を見てみると、

減少しているのは烏山地域の0歳児と

砧・北沢地域の1歳ぐらいです。

入園可能数をエリア別で見てみると

これまで最も厳しい状況であった、

玉川・世田谷地域の増加率が上がっています。

これら詳細資料は明日、区のHPにUPするとのことですのでご確認下さい。

各遠別の申込者数なども確認することができるかと思いますが、

各園ごとの倍率はあまり意味がない情報です。

申込者数の指数や世帯所得で6439番までの順番がきまり、

1番の方から決定していくという選考方法ですので、

認可保育園については1月末の結果通知まで手だてはありません。

今春の結果からみていると、両親フルタイム育休復帰明けで

指数109点ある家庭でも認可保育園に入れなかったケースが

多数ありましたので、待機児童とならない為には、

直接契約できる保育施設の内定を得ておく事が肝要ということになります。

ご質問・ご相談がありましたらメッセージからご連絡下さい!

I Wish You a Merry Christmas!!

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ