特定秘密保護法案への対応

ホーム > 特定秘密保護法案への対応

2013年12月6日

本日は世田谷区議会も最終日。

午前中に議運があり、午後から本会議でした。

 

保育園整備の緊急対策に関する補正予算は全会一致で無事に可決となりましたが、

特定秘密保護法案に対する考え方は割れました。

 

私達は、今国会で審議されてきた特定秘密保護法案について、問題だらけであると考えますし、

与党が審議不十分なまま衆議院にて強行採決したことには大変な危惧を覚える区民も多いと

感じてきましたので、世田谷区議会としてこの法案の撤回を求める意見書を提出すべきと考え、

議員提出議案を出しました。

 

世田谷民主党を代表して議場で意見を申し述べました。

 

民主党は秘密保護の必要性は認識しているものの

「国民の知る権利」と「報道の自由」を守るための法改正を先にすべきだとの観点から

衆議院で5つの対案を出してきました。

 

1つ目は、意図的廃棄を阻止し、永久秘密は許さないという観点から公文書管理法改正成案、

2つ目は「国民の知る権利」確立のための情報公開法改正案、

3つ目は国民の権利の制限拡大を阻止するための特別安全保障秘密適正管理法案、

4つ目は秘密指定する範囲を必要最小限にするための情報適正管理委員会設置法案、

5つ目は情報公開のイニシアティブは国会が握るべきであると考えに基づいた国会法改正案

 

これを真剣に議論することなく、強引に採決に持ち込んだ与党の暴挙を許す訳にはいきません。

 

しかし、世田谷区議会では、この意見書提出の議案に

自民党、公明党、みんなの党の議員に加え、1人会派の佐藤美樹議員と小泉たま子議員が

反対したので、賛成少数となり残念ながら否決となりました。

 

自民・公明・みんな、といった国政政党の党員であれば党決定に従う必要もあるのでしょうが、

そのような状況でない2議員がこの法案で良いと思っているというのは驚きでした。

 

先ほど参議院本会議でも可決され成立してしまったというこれまた残念な報道を確認しました。

 

民主党が頼りないからこういうことになるのだ、

というご批判も頂いてきましたので、これは真摯に受け止めます。

 

しかし、暴走する「たちの悪い保守勢力」に歯止をかけることができるのは

いまや有権者1人1人の判断です。

 

危惧を抱く皆さんの期待に応えられるようこれからも取組んで参ります。

カテゴリー

政治&行政&地域

タグ