交通事故にあって

ホーム > 交通事故にあって

2007年4月5日

久々にやってしまいました。交通事故。 といっても風間は被害者でしたが。。。 三軒茶屋の事務所に帰る途中の裏道にて いつものように原付で交差点を通り抜けようとした瞬間左側から勢い良く原付が飛び出してきました。 急ブレーキをかけたものの間に合わず、風間の前輪が相手の後部にぶつかり、風間原付は横転。相手は転ぶことなく数メートル進んでから止まりました。 風間は反射的に原付を投げるようにして衝撃を吸収し、幸い転倒もせず無事でした。 また、瞬間的に標識を見て「こっちの過失じゃないよなあ」と確認してました。 血気盛んな頃の風間だったらどのように対応していたかわかりませんが、今回はお互いに怪我もないようなのでスマートに「一応警察入れましょう」といって納めました。 ただ、風間原付は前輪パンクで走行不能。原付で活動している風間にとっては大打撃です。 現場検証した警察官も完全に相手の過失と認めていたので、相手も修理代は全額負担を了承してくれましたが。。。風間の原付はアプリリアのスカラベオ。中古ですが部品交換となったらかなりの額になりそうです。相手は任意保険には入っていないということなので、自己負担ということになるわけで、ちょっと同情してしまいます。。 今日のアクシデントは不幸中の幸いで自分は被害者だったのだ思いました。 自分が加害者になっていたかもしれないと思うとぞっとします。 今日のアクシデントを戒めにしなければと強く思いました。 ・原付はやっぱり危険です。安全運転でいかねば。 ・保険はやっぱり必須です。原付に乗る人はかならず原付保険加入を。 ※風間は当然入っていましたが、原付ユーザーは意外と入っていない人が多いようです。  車の保険に原付オプションという形なら保険料は微々たるもんです。 このところ毎日のように事務所に人がきてくれます。 今日も夕方の待ち合わせの時間があったので風間も内面では急いでいました。 これからますます来客も増えて慌しくなると思いますが、安全と健康を第一にいこうと思います。

カテゴリー

未分類

タグ