「風間ゆたか」ホームページ > 2019年1月

2019年1月を表示しています。

皆さんは「天下り」を良しとしますか?

 

職員OBが外郭団体に再就職できる仕組み

 

世田谷区に限らず多くの地方自治体では、
役所職員幹部は定年後に再就職を希望すれば
外郭団体に再就職できる仕組みになっています。

 

一般的にはこれを「天下り」と呼ぶのだと
認識していますが、風間は議員になってから
12年間一貫してこの制度を廃止すべきだ、
と求めてきました。

 

世田谷区役所の言い分としては、
国の省庁で問題視された「天下り」とは
勤務日数や給料などの条件が異なり、
天下りではないとのことなのです。

 

天下りの2つの問題点

 

問題視する一つの理由は、
外郭団体の幹部ポストを区の職員幹部OBの
指定席にしてしまっていることです。

 

同じ構造で、区議会議員の天下りポストに
なってしまっていた選挙管理委員会委員
についての記事はこちらをご覧ください。


> 区議会議員の天下り、容認できますか?

 

外郭団体は自主財源もありますが、
多くの財源は税金ですから、公平公正に
幹部ポストの採用をすべきだと考えます。

 

世田谷区には民間で様々な経験をされた方が
お住いであり、その経験を区政に生かして
もらえる可能性があることから、我々は
公募すべきと提言してきました。

 

もう一つの理由は、区役所からの補助金や
事業委託による馴れ合いの構造という問題です。

 

現役職員にとってはかつての上司や先輩が
外郭団体幹部となっているわけですから、
補助金や事業委託がそのような人間関係や
馴れ合いで継続してしまう懸念があります。

 

慣れないによる弊害が明らかに

 

実際、今年度は世田谷区サービス公社が
委託事業に応募する際に提出した書類に
数字の間違いがあったにもかかわらず、
委託先に選定されていた事案がありました。

 

国際交流事業をせたがや文化財団への
委託ありきで計画しているような案件や
経済産業部が産業振興公社に丸投げで
毎年行っている事業などもあります。

 

昨秋の決算特別委員会では
これらを含めて見直すべきだと
実務を取り仕切る副区長に求めました。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

天下りを見直すべき、と求めてきましたが、
定年まで区役所で勤め上げた幹部の皆さんには
相応の知見があるものと風間は考えています。

 

その経験を引き続き区役所でいかしてほしい

 

地方公務員は定年後も再任用制度で、
65歳まで役所で働くことができますから
後輩職員のサポートをしていただくことが
望ましいと考え、これを求めてきました。

 

今では毎年多くの方がこの制度によって、
役所に止まり活躍してくれていますので、
天下りをなくせるはずなのです。

 

このような実態も多くの区民の皆さんに
知ってもらえればと思います。

レスリング競技のレジェンド
吉田沙保里さんの引退会見が
報じられていました。

 

テレビ報道より

 

年末にこのブログでもご案内していた

 

> 子ども達がトップアスリートにふれる機会を 

 

レスリング天皇杯の会場で吉田沙保里さんを
お見かけし、少しお話しできましたが
現役選手という印象はなく、
勝手に引退なのかな?と感じていました。

 

キッズブーケボランティアで特別な経験

 

さて、そのレスリング天皇杯で活躍した
キッズボランティアの報告を
していなかったのでお伝えします。

 

当日は5歳〜12歳のキッズボランティアが
30名強集まり、まずは生花でブーケ作り。

 

その後、各階級の決勝戦を観戦し、
入場時のエスコートボランティアを
経験できた子どもたちもいました。

 

他には、決勝戦後の表彰式で
ブーケ贈呈を経験できた子もいました。

 

表彰式でブーケ贈呈に行く様子

 

このキッズブーケボランティアは
朝日新聞でも報じられていました。

 

 

朝日新聞デジタルより

 

伊調馨選手の大逆転を間近で

 

この大会では、伊調馨選手の復帰が注目され、
最後の決勝戦に出場し、残り10秒で大逆転!

 

マスコミでもかなり報じられていましたが、
子どもたちはそれを間近で見ることができ、
一緒に記念撮影できた子もいたのです。

 

マスコミに囲まれながら記念撮影

 

ボランティアに参加した子どもたちは
特別な経験ができたと喜んでいました。

 

世田谷区でも東京2020大会ボランティアを募集

 

東京2020大会も来年となり、
ボランティアの募集も増えてきました。

 

大会組織委員会の募集には、想定以上の
応募があったようですが、実は世田谷区でも
東京2020大会ボランティアを募集しています。

 

世田谷区HPより

 

担当課に確認したところ、不足はしていないが
まだ募集定員を満たしていないとのこと。

 

今の中学2年生から申し込みができますし、
大人の参加にお子さんが同行できることも
検討しているようですので、
この機会にご検討してみてはいかがでしょうか?

世田谷区立の小中学校は
昨日から3学期が始まりました。

 

世田谷の区立中学進学率は6〜7割

 

世田谷区ではおよそ1/3の小学生が
私立や都立国立の中学校に進学する為、
全体としては約半数の小学校6年生が
受験を控えている時期となりました。

 

世田谷区教育委員会としては、
世田谷9年教育を打ち出し、
区立中学校の魅力強化に注力していますが、
保護者も子どもも中学校の選択は
様々な理由によるものと感じています。

 

風間が教育ベンチャー企業を辞めて
政治の世界に挑戦した大きな理由が
公教育を時代に応じたものに改善するには
民間事業者だけでは実現できず、
公教育予算を握る地方自治体の政治を
変えねばならないと感じたことにあります。

 

世田谷の教育は遅れていた

 

小中学校の教育は23区内でも
かなり違いがあるのです。

 

特に世田谷区の学校教育は保守的で
かつて、教育事業者視点では
新たなものを取り入れない教委という
印象で、遅れていると感じていました。

 

ということで、風間は議員になって12年間、
5つある常任委員会の中でも学校教育所管の
文教常任委員会から離れずに今に至ります。

 

学校教育の改善は様々な分野で必要であり
その中の一つがICT教育です。

 

保坂区長就任で変わったICT教育

 

ICT教育とは、IT(情報技術)に
C(コミュニケーション)を加えたもので、
12年前、世田谷区の学校では
全国的にも大きな遅れがありました。

 

当時の教育長は「世田谷は学校が多いので」
と言い訳ばかりで進展しませんでしたが、
区長が保坂さんに変わり、教育長が変わり、
教育予算が増加され、今ではやや先進的な
自治体にまでなったと言えます。

 

今から6年半前にも風間は議会質疑で
ICT教育の推進を求めています。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

まだ原稿なしで登壇して間もない頃なので
今見るとぎこちなく恥ずかしい限りです。

 

自宅学習をe-ラーニングで

 

この後に、タブレットや電子黒板が
全小中学校に導入されましたが、
現場での活用には課題がありました。

 

教員の指導力の問題と
中身(ソフト)の問題です。

 

世の中のICT技術の進展に比べ
公教育はそれらを取り入れ活用するのが
あまりに遅かったわけですが、
先日のブログ

 

>世田谷の学校教育は変われるか?

 

でも触れたように、
今年から区立中学校4校で新たな
ICT活用の試行が始まったのです。

 

自宅で学習する際に、PCやタブレットなどを
用いてe-ラーニングで個別の進度に合わせて
取り組める環境を整えたのです。

 

教材は風間の古巣であるベネッセの
「ドリルパーク」とのことでした。

 

ベネッセのホームページより

 

教員の指導力や時間制約に影響されず、
生徒が自分のペースでドリルに
取り組むことができるというのです。

 

来年度は全中学校導入が実現の見込み

 

先月の文教委員会報告では、
これが想定以上に生徒たちに活用されている
という報告がありました。

 

ドリルパーク導入の進捗報告

 

風間は、選択できない状況にある区立校に
差異があってはならないということで、
次年度から全校での導入を求めてきましたが、
これも来年度には実現となりそうです。

 

プログラミング教育も来年度から始まる

 

さらに小学校では、来年度から
プログラミング教育が導入される
との報告もあり、中学校でも
再来年度から導入予定とのことでした。

 

プログラミング教育導入について

次代を担う子ども達に求められる力は
普遍的なものもありますが、
時代に応じて変化するものもあります。

 

世田谷の公教育改革は道半ば

 

公教育の役割は、家庭環境に左右されず
社会生活を営んでいく上で必要な要素を
身につけられるようにするものと
風間は考えています。

 

教育関係者と話していると

 

「どうなの?世田谷区の教育は」

 

と問われます。そんな時風間は、

 

「だいぶ良くなってきている。
 でもまだ道半ば。」

 

と答えています。

 

世田谷区の公教育は、
まだ不足してる面が多々ありますので、
引き続き、議会で提言していく予定です。

新たな年を平穏に迎えることができました。
本年もよろしくお願い致します。

 

皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか?

 

平成最後の年は政治決着の年に

 

今年は亥年。

 

12年に一度やってくる、統一地方選挙と
参議院選挙が行われる政治決着の年と言われます。

 

風間は12年前の亥年の世田谷区議会議員選挙で
初当選。当時の民主党は勢力拡大を果たし、
その後の参院選でも大勝したわけですが、
現在の立憲民主党はそこまでの勢力とは
なっていません。

 

よって、我々が統一地方選挙で勝利し、
その後の党勢拡大に勢いをつけていく
役割があるものと感じています。

 

正月に充電完了、いざ・・・

 

ということで、今年は一層忙しくなるため、
正月は家族と過ごし英気を養いました。

 

毎年恒例で家族初詣は松陰神社です。

 

勝守を頂き、おみくじを引きます。

 

松陰神社のおみくじ

 

松陰先生の「志」に関するお言葉。
肝に命じて日々取り組む決意です。

 

そして、大吉でした!

 

運気には波があると認識しているので
この運を逃さぬよう日々精進して行こうと
身が引き締まりました。

 

正月休みで充電完了となり、
朝の活動も再開です。

 

今朝は地元の最寄である
駒沢大学駅東口で朝活をしました。

 

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

毎朝恒例、掃除をして場を
綺麗にしてからの活動です。

 

皆さんのリアクションが励みに

 

今朝は本当に冷え込みが厳しく、
手袋をしていても指先の感覚が
なくなるほどでした。

 

しかし、年明けに地元小学校の
保護者仲間に多数お声がけ頂き、
気力も満ちて2時間活動ができました。

 

直接お会いしてお声がけいただくことに限らず、
ホームページやSNSなどを通じて、
リアクションいただけるととても励みになります。

 

皆様の応援やご期待に応えられるよう
今年も活動して参ります。

 

ご支援、よろしくお願い致します!

 

  • 世田谷保育マップ
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031