「風間ゆたか」ホームページ > 2018年12月

2018年12月を表示しています。

昨日、コミュニケーション教育界隈では
その名を知らない人がいない
本間正人先生の研修会に参加してきました。

 

風間は本間先生と前職時代からのお付き合いで、
政治の世界に挑戦する際に様々なご助言を
いただきましたが、今回の研修会は
立憲民主党東京都連主催で地方議員と
新人候補予定者向けに行われました。

 

立憲民主党東京都連地方議員研修会

 

企画&司会は都連三多摩ブロック長の
川名ゆうじ武蔵野市議会議員

 

川名市議とは同じブロック長どうし、
月2回は都連会議でお会いしており、
三多摩ブロックの活発な活動に
いつも刺激を受けています。

 

地方議員の役割はつなぐことにあり

 

研修のテーマはコミュニケーション。

 

本間先生からは冒頭で

 

「生きていく上でコミュニケーションは必須なのに
日本の公教育では、なぜか教えてくれないもの」

 

「地方議員に求められることは、知識以上に
コミュニケーション力であり、行政と市民を
つなぐ役割を担うことである」

 

と、ハッとさせられました。

 

理解していても実践できているのか?

 

本間先生からは

 

「風間さんはこれを教えていた訳だから
完璧だろうけどね」

 

と持ち上げていただきましたが、
果たして実践できているのか?
自分ではわかりません。

 

本間先生のレクチャーでも紹介された
具体的なコミュニケーション手法については
風間もかつて早稲田大学大学院で非常勤講師
として「コミュニケーションスキル」
という
1単位分の授業を担当してきました。

 

話は少しそれますが、4年間担当した
この授業で最も成績優秀だった学生は、
元プロ野球選手の桑田真澄さんでした。

 

桑田さんと比較すれば風間自身は
コミュニケーションにまだまだ課題が
あると感じており、とても自信がある
とは言い切れません。。

 

話を戻すと、政治家にとって
コミュニケーションは最重要だ
ということは認識してきましたが、
本間先生のお話から新たな気づきもあり
とても有意義な学びとなりました。

 

時代に応じた多様なコミュニケーション手法を

 

今の時代、区民の皆さんと如何に
コミュニケーションをとっていくか?

 

特に90万人超が暮らす世田谷区ですから
face to face の関係構築ができない方が
圧倒的に多いのです。

 

よって、ブログやSNSでまずは発信し、
まだお会いしていない方と繋がれるように努め、
最近ではより多くの情報をお届けできるよう
youtubeにも力を入れています。

 

保活相談や学校問題などの相談で
つながることができたりしていますが、
昨日の投稿

 

>世田谷区で再発、登下校中の小学生死亡事故

 

を読んでくださった子育て中の男性から、
早速危険箇所のご連絡を頂けました。

 

こうして新たなつながりができ、
その方のご意見を区政に反映していくことが
我々議員の役割なのだと認識しています。

 

つながった皆さんの意見を区政に反映させるために

 

ネット上でつながることに限界があるので、
最近は毎朝駅頭にて、つながるきっかけ作り
活動に力を入れています。

 

今週の活動をまとめた動画です。

(下のボタンをポチッと押してチャンネル登録の応援お願いします!)

 

様々なコミュニケーション手法を活用し、
多くのみなさんとつながり、区政に反映
していけるよう日々取り組んで参ります。

 

  • 世田谷保育マップ
  • 2018年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31