「風間ゆたか」ホームページ > 世田谷区保育関連最新情報12月2日

月日の流れは早いもので、

師走になってしまいました。

 

昨日は都議会が開会し、

小池都知事が所信表明にて

議会による復活予算を廃止する

と明言しました。

 

都議会大会派の利権にメスを入れる

大胆な改革に着手したと、

評価できるのではないでしょうか?

 

一方、世田谷区議会は今週頭から

今年最後の定例会が始まっています。

 

今日の福祉保健常任委員会では、

保育関連の新たな情報が報告されたので

お知らせ致します。

 

1.認可保育園に移行決定となった認証保育所

 

1)H29年4月〜移行

 

・わらべうた三宿保育園

(0〜2歳児35人予定)

 

・わらべうた経堂保育園

(0〜2歳児34人予定)

 

・わらべうた等々力保育園

(0〜2歳児37人予定)

 

2)H30年4月〜移行

 

・コンビプラザ等々力保育園

(0〜5歳児35人予定)

認可移行希望の認証が増えている為、

どの施設が実際に移行決定するのか?

多くの保活者が気にしていると思います。

 

2.新規認可保育園運営事業者決定

 

【若林1−33の民有地】

 

事業者:社福)寿仁会

敷地面積:248.71平米

現況:建物と駐車場

定員:45人予定

3.病児保育施設新規開設

 

【病児・病後児保育室ソレイユ】

 

場所:世田谷4-6-13

事業者:医療法人社団クレッセント

定員:9名程度(5ヶ月〜未就学児)

開設:H29年1月6日予定

併設診療所:つだ小児科クリニック

病児保育については、

10年前に議員になった頃、

2箇所しかない状態で、

増設を要求し続けてきました。

 

今回で7施設目となります。

 

それでも冬の流行期には

なかなか予約が取れなかったり、

遠すぎて預けに行けない

家庭があったりするのが実情です。

 

保育利用者数も毎年増加しているので

病児保育施設も増設が必要です。

 

今回のお知らせは以上です。