「風間ゆたか」ホームページ > 株式会社運営の保育施設は…

連日熱い日が続きますが、

このところ保活相談が連日のように寄せられます。

 

保活の早期化はここ2・3年は顕著ですが、

少し活動を始めて、わからない事があったり行き詰まったりして

今後何をすべきかという類いの質問が寄せられたり、

点数の高い方からは保育の質についての相談が多い状況です。

 

世田谷区も保育施設整備に取組んでいるものの

待機児童の多い0歳1歳の来春入園可能枠は

解消というほど整備できるわけではないので

保活をされている方にとっては

活動をしていても不安が募ってくることかと思います。

 

保育施設は待機児童解消も重要ですが、

世田谷区は質の確保にもとりわけ注意を払ってきました。

 

過去の様々な保育関連の不祥事による反省からくるものですが、

平成20年には小田急ムックによる保育職員数の虚偽記載による

補助金不正受給という問題が発覚し、都と区は改善指導を続けてきました。

 

今日の日経新聞では、この小田急ムックが木下ホールディングスに

事業譲渡される旨報じられていました。

 

世田谷区としては、持株会社の変更及び従事職員の雇用継続など、

利用者や区民にとって支障を来たすことのないよう

質の確保と円滑な事業継承が行われると認められることから、

利用する区民に対して丁寧な説明を行うこと等を求めていく、とのことです。

 

株式会社の場合はこのようなことがあり得ますが、

経営者が変われば経営方針やサービス内容が

時間ともに変化する可能性は否定できませんので

区には特に保育の質が保持されているかを継続的に

チェックしていくよう要求していきます。

 

  • 世田谷保育マップ
  • 2015年8月
    « 7月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31