「風間ゆたか」ホームページ > 実現。世田谷区は子ども関連予算が激増!

今週のはじまり月曜朝の街頭演説では、

通り行く人のピリピリムードを感じたお話を投稿しましたが、

今週の平日が終わりとなるフライデーナイトには

多くの方の穏やかな表情をたくさん見る事ができました。
場所は三軒茶屋駅南口。

 

風間にとってはホームグラウンドともいえる自宅最寄り出入り口場所での街頭演説。

 

1時間の間に声をかけてくれた友達が10人ほど。

みんな保育園や小学校の保護者仲間です。

 

そのうちの2人は「ちょっと演説聞いていくね」と、

数分館聞いてくれました。

 

先週後半から配布している区政報告レポートは

先週の区議会で取上げた内容を記した簡易印刷物ですが、

演説内容もこの詳細となります。

 

中でもこのところ最も力を入れて訴えかけているのが、

「子ども、最優先の政治を世田谷から」を具現化したともいえる

世田谷区の子ども関連予算が大幅に増えているという報告です。

 

子ども関連予算の比率については国レベルで見ると、

日本は先進諸国で最下位というレベルです。

 

これをまずは世田谷区で上げていくべきだという観点で

この8年間、具体的政策提言をしながら取組んできました。

 

風間が区議会議員になる前のH18年度当初予算では

子ども関連予算(教育費と児童福祉費)362億円、

世田谷区の一般会計に占めるの割合は16%台でした。

 

それが、現在提示されている来年度予算案ではなんと

711億円!と倍増し、一般会計に占める割合も26%台にまで

拡大しているのです。

 

これは、区長が保坂さんになった事も大きな要因であり、

向かう方向性が一致するので政策実現もし易くなっています。

 

政治家が変われば、税金の遣い方が変わる!

 

殆どの区民が知らない事実。

 

是非多くの皆さんに知って頂き、

このような子ども最優先の政治を進めていくことに「YES!」

を表明してもらえれば嬉しいです!