「風間ゆたか」ホームページ > インターン学生の活動報告_その3

風間ゆたか議員事務所インターン生の

早稲田大学一年の東美優です。

 

私は子育て、福祉分野に関心があるので

その分野を中心としている風間さんから

たくさんのことを教えていただいています!

 

将来的には国家公務員としてその分野に携われたら、

と思っています。

 

それでは822日、93日の

仕事内容と感想をご報告させていただきます。

 

822日は午前中に

区内の各種団体との意見交換会が行われ、

私たちインターン生も傍聴させていただきました。

 

私が特に関心を持ったのは、

障害児(者)のために運営している事業所についてです。

 

 

現在世田谷区内で障害児(者)向けの事業所の

ニーズが非常に高まっているものの

整備が追い付いていないとのご意見がありました。

 

ただ単に箱(=事業所)を増やせばよいというのではなく、

そこで働くスタッフの教育を行う必要があります。

 

スタッフの教育を行うためには時間とお金と労力がかかり、

とても一事業所だけで行えることではありません。

 

 

ニーズの高まりに比例して

スタッフの人手不足も深刻になっているのだと思いました。

 

 

このような施設は簡単に数を増やすことが

できるものでもないので

早急にどのようにニーズに

応えていくのかの対策を練るべきだと思いました。

 

 

 

また93日には福祉保健常任委員会の

傍聴をさせていただきました。

 

 

私の興味分野であることもあって、

大変興味深く傍聴させていただきました。 

 

 

委員会では世田谷区の福祉保健状況について

報告がされていましたが、

私が最も関心を持ったのは

ユニバーサルデザインについてです。

 

 

今までユニバーサルデザインと聞くと

点字ブロックを増やす、

など物理的なことしか

頭に浮かびませんでしたが

ただ単に福祉や都市整備だけに

関わるものではなくて、

その他の分野とも協力して

実現するものであるのだと思いました。 

 

 

貴重な意見を傍聴することは、

今まで考えたことのなかった

問題点や視点を知る良い機会となりました。

 

 

 

残りのインターン期間も

たくさんのことを学べるように

積極的に行動していきたいと思います!