「風間ゆたか」ホームページ > 文教常任委員会報告9/2

本日は、文教常任委員会に出席しました。

以下18件の報告事項がありました。

(1)平成26年第3回区議会定例会提出予定案件について
【議案】
【1】世田谷区立学校設置条例の一部を改正する条例
【報告】
【1】 議会の委任による専決処分の報告(地域体育館利用者の負傷事故に係る損害賠償額の決定)


(2)世田谷区実施計画・世田谷区行政経営改革計画(平成24年度~平成25年度)実施結果について


(3)区立小・中学校等の校務用パソコンの入れ替えについて

 

(4)世田谷区債権管理重点プラン(平成24~25年度)の実施結果について

 

(5)子ども・子育て支援新制度関連条例(案)について

 

(6)「区立幼稚園用途転換等計画」及び区立多聞幼稚園の用途転換の基本的な考え方について

 

(7)給食食材単品の放射性物質検査について

 

(8)花見堂小学校跡地活用方針(素案)について

 

(9)第18回バンバリー市小学生親善訪問団の受入れについて

 

(10)自動車事故の発生について

 

(11)全国学力・学習状況調査の結果について

 

(12)(仮称)せたがや平和資料館事業方針(素案)について

 

(13)小学校情緒障害等通級指導学級の開設について

 

(14)旧希望丘中学校跡地活用に伴う校舎棟解体工事について

 

(15)次大夫堀公園民家園内の落雷被害に伴う改修工事について


(16)第2次世田谷区立図書館ビジョン(素案)について

 

(17)区立図書館における図書資料等の個人貸出冊数の変更について

 

(18)世田谷教育推進会議『世田谷発~これからの魅力ある図書館をめざして』の実施結果について

 

(19)その他

 


いくつかのトピックを簡潔に報告します。

 

(3) 区立小・中学校等の校務用パソコンの入れ替えについて


平成19年度から平成21年度に導入した

校務用パソコンの保守契約期間が本年12月に終了するため、

校務用パソコンの入れ替えが、

平成26年12月中旬~平成27年3月に行われます。

 

パソコンの配置対象は、

区立小・中学校93校、教育センター、教育委員会事務局の施設です。

購入台数は合計2,300台、3年間の保証が付いて、

金額は121,963,212円(消費税込)となっています。

これまで区内の施設では、OSがWindows XPのものを

使用していましたが、

今回の配置によってWindows7に変わりました。

 


(5)子ども・子育て支援新制度関連条例(案)について


平成27年度4月からの子ども・子育て支援新制度実施に向けて、

新制度の給付対象となる施設・事業の認可・運営基準、

保育の必要性にかかる支給認定等について、

条例案をとりまとめた報告がありました。

中でも風間が以前から指摘していた、

新BOP学童クラブの実施状況について

本日も質疑を行ったところ、

現在の新BOP学童クラブ利用児童1人あたりの面積は、

実際の利用人数に基づくと、

全ての新BOPで基準を満たしている

ということが確認できました。

これまでは、申込利用登録者数で計算すると、

この基準が大規模校等では

守られていないこともありましたが、

今後条例化され、1人あたりの基準値が

しっかりと守られていくと思います。

 


(7)給食食材単品の放射性物質検査について


前回の予算委員会にて、風間が要求していた

食品の放射性物質単品検査が

ようやく実現となりました。

世田谷区では、放射性物質による

健康への影響を懸念する区民等の声を受け、

平成24年度より丸ごと給食の放射性物質検査を行っています。

この度、区民等の声に対応するため、

食材ごとの単品検査を実施します。

現在は毎月1回、米と農畜水産物の3検体について

放射性物質検査を実施していますが、

今後は給食所管部が、選定する検査対象品目と合わせ、

幅広く品目を選定していきます。

 


(11)全国学力・学習状況調査の結果について


平成26年4月22日に全国学力・学習状況調査が行われ、

その結果について報告がありました。

世田谷区の平均正答率としましては、

国語A・B、算数A・Bの全ての項目において

都(公立)、国(公立)よりも高いという結果でした。

風間はこの結果に対して、各学校ごとの傾向に合わせて、

それぞれフィードバックを行い、

教員の授業改善に向け取り組むべきだと指摘をしたところ、

区の担当課長からも、

そうする方向で検討しているという答弁がありました。

 


(17)区立図書館における図書資料等の個人貸出冊数の変更について


区立図書館における図書資料の個人向けの貸出冊数は、

昭和59年に3冊から5冊へと変更されて以降、

1館あたり5冊となっています。

これまで図書資料の貸出冊数の拡大については、

区民の声に寄せられる意見や要望も多く、

利用者のニーズに応えるために、改善検討を重ねた結果、

1館あたりの図書資料等の貸出可能冊数を増やすことになりました。

今後は、区立図書館における図書資料の個人貸出冊数を

各館5冊から全館15冊まで、

音響資料の個人貸出点数を各館3点から全館6点までに変更し、

より適正な図書館利用を推進していきます。