「風間ゆたか」ホームページ > 世田谷区議会臨時会10分で終了、残念。

本日、世田谷区議会臨時会が開会しました。

初日は本会議ですが、臨時会では代表・一般質問がないということで、
共産党から緊急質問の通告がありました。

写真は共産党から配布された資料ですが、
本日から順次始まる全区立小学校5年生の川場移動教室で行なわれる
ハイキングコースの放射線量調査結果です。


川場村の放射線量の高さについては風間も議会で度々指摘してきて、

区も村も除染を懸命に取組んできましたが、

今回の共産党の調査結果は、コースの大半が基準値超えということでした。

 

今週にもそのコースをハイキングする児童がいるわけですから、

共産党が区に対応などについて緊急質問するということを反対する理由はありません。

本会議では、これを認めるか否かを諮られましたが、

結果は、自民党・公明党・生活者ネットワーク社会民主党の各議員と

ひうち優子議員、青空こうじ議員、小泉たまこ議員が反対し否決となりました。

 

生活者ネットワーク社会民主党は放射能問題に積極的に取組んできたはずだし、

本会議前に開かれた議会運営委員会では質問の主旨に賛同するかのような発言もあったので

この会派が反対にまわったことは理解に苦しみます。

 

いずれにしても、公式の場で議員が本件について質問できる機会は

早くても再来週の常任委員会ということになりますし、

本会議場では6月中旬の区議会定例会ということになりますから、

その間、いくつかの小学校ではハイキングに行ってしまうわけです。

 

結局否決となった為、緊急質問は認められず本会議は10分で終了となりました。

 

こんな区議会の実態も多くの区民の皆さんに知ってもらいたいことのひとつです。