「風間ゆたか」ホームページ > 実現!烏山地域の病児保育開始

本日、世田谷区議会第1回定例会が開会します。

 

共働きの我家にとっては、議会の会期中私が身動きとれない時間が多いので、

子どもが病気になったりすると病児保育に頼っていますから

これがどれほど必要とされているかは良く実感しています。

 

風間が議員になった7年前には、

この病児保育が北沢地域と烏山地域にはありませんでした。

 

整備してほしいという悲痛の声をよくよく聞いていましたので、

少なくとも5地域に一つずつは整備せよ、と要求し続けてきました。

 

昨年、北沢地域で整備され、今回ようやく烏山でもスタートします。

 

3月4日から、南烏山6-12-12コーシャンハイム12号棟2階でスタート。

1日6名の定員です。

 

これで、世田谷区の病児保育は問題解決したとは思いませんが、

一つ提言していた政策が実現しました。

 

 

ちなみに、インフルエンザはピークを超したとのことでしたが、

週明けの今日、我家にも襲来しました。

 

今朝、子どもを連れてかかりつけ医でもある

病児保育室併設の小児科に行ってきましたが、

朝一でこのとおり大混雑していました。

人気の高いこの病児保育室、インフルエンザの流行期に当日入室できる訳もなく、

私は議会公務日なので休むわけにもいかず、妻はやりくりに苦心していました。

 

この実体験があるからこそ、5地域で一つずつ整備したからもう良いではないか、

という意見には多いに反論しているです。

 

特に子どもの育みと学びの環境を整えていくことについては、

皆さんからのご意見や子育て当事者としての実体験から

細かな事まで区政改善の提言をしていますので、

引き続き、皆様からのご意見をお待ちしています。