「風間ゆたか」ホームページ > 保育・教育・災害対策の政策提言

前回のブログで「連絡する」ページからのメッセージが

確認できない状況であることをお詫びし、直接メールをお願いしましたが

やはりたくさんの方から頂いていたようでした。

 

まだ復旧していませんので、直接ご連絡頂ければ有り難いです。

 

頂いたメールはすべて保育園に入れない方からのご相談でした。

 

例年この時期はこのような状況ですが、今年の倍率を象徴していて

過去最多という状況です。

 

選考過程に関するご意見はたくさん頂いておりますので、

来週から始まる議会でも改善要求を改めてする予定です。

 

本日は、一般質問の順番抽選があり、

風間の出番は14番目、26日(水)10時前後〜10分間となります。

 

今回は以下の質問を行なう予定です。

 

1. 首都直下型地震を想定したさらなる災害対策を

 

災害対策については、これまでも具体的提言を行なってきましたが、

今回は帰宅困難者対策とツイッターなどを活用した防災訓練等を

提言する予定です。

 

2. 学校教育での多様な学びについて

 

学校教育の改善についても毎度取上げていますが、

7年前、議員なりたての頃から要求し続けてきた

外部を活用した総合的な学習の実施について

より、児童生徒に効果的な授業となるよう改善要求していきます。

 

また、雪遊びをさせない小学校が多いという状況を問題視し、

大人の都合で子どもの自然体験を制限することないように改善要求します。

 

3. 保育園待機児童解消と選考基準の見直しについて

 

待機児童解消計画も実績が伴わないことや

選考過程における不透明な点や人為的ミスを指摘し、

保育全入に向けた改善要求をしていきます。

 

今回の議会は、3月から予算特別委員会もあります。

1問1答形式で追求していきますので、

ご意見をお寄せ下さい!