「風間ゆたか」ホームページ > 選挙:無効になってしまうケース

昨日東京都議会議員選挙の投開票があり、

世田谷では民主党候補者2人とも完敗。

 

東京都全体でも惨敗という状況で、

風間を政治の世界に引き入れてくれた

目黒の伊藤悠さんまでまさかの落選ということで

呆然としています。

 

しかし、風間の友人として候補者を応援して下さった皆さまや

まだまだ民主党に期待をして下さった皆様に感謝しつつ、

この結果を真摯に受け止め、今日から自分のすべき事に邁進せねばと思っています。

 

ところで、昨夜は選挙の開票立会人を務めました。

開票作業に問題がないかを監視し、最終的な票の確定に判子を押していくのですが、

投票用紙に余計な事を書いて無効票になっている人が結構いる、という事を知りました。

 

名前の前後に「!」や「☆」や「・・・」等の記号があると無効であったり、

名前の横や前後に「ガンバレ」や「もちろん」等の言葉の併記も無効。

(正しい政党名の併記や「さん」などの敬称はOKらしい。)

また、裏側に何か書いたりすると無効になってしまうし、

2人の名前を書くのは当然無効ですが、姓と名で別候補を書いて、

2人を案分でと考えても無効票になってしまいます。

 

この情報を先にツイッターでお知らせしたら、

あっという間に50人近くの方にリツイートされましたが、

知らずにやってしまった人が結構いるという実態。

 

大事な1票ですから心当たりのある方、次回以降こ注意下さい!