「風間ゆたか」ホームページ > 2012年3月

2012年3月を表示しています。

今日、2ヶ月に渡る春のインターンシップが終了となりました。
 
今回1年生2人と2年生2人を受け入れましたが、
皆、一生懸命に取組んでいました。
 
その中で、一番厳しい指摘をうけた2年生加藤くんの
振り返りを紹介します。
 
原文そのままなので、稚拙なところもありますが
ご笑覧いただければと思います。
******************************************************
風間さんのもとでインターンした2ヶ月
学習院大学加藤敬夫
 はじめまして!
風間ゆたか事務所でインターンさせていただいた加藤よしおです。
風間さんと同じく名前をひらがなにしてみました。^^
まず、簡単にですが”自己紹介”と”なぜ議員インターン”をしようと思ったのかを述べたいと思います。
学習院大学に通い、春から新3年生になります。小学校から高校まではサッカーをしているサッカー少年でした。大学ではそのサッカーにピリオドをうち、思いもよらない英語部にひょんなことで所属し、別には、国際協力を主な活動の軸にしている学生団体にも所属しています。
簡単に例えると大企業とベンチャー企業です。路線がある中でどれだけ勝負するのか、それともゼロから新しいもの作り上げていくのかの違いです。
今、学生のうちに経験できているのは僕にとっていい財産ですし、財産にしていかなければと思います。
しかし、学生のなかでは学生が多く、実際の社会の厳しさ・組織体制・仕事とはどういうものなのか・・・まったく分かりませんでした。
だったら、その社会に飛びこめばいいではないか!と思ったのがまずは大きな理由です。
補足ですが、以前神奈川の議員の方にお会いして、インスパイアーされたことによる理由もあります。内容は割愛します。
次に、インターンをする上で、何を一番に意識して取り組んでいたか。
それは「覚悟」と「成果」の二点です。
覚悟:これから三年になる僕にとって大事な春休みに捧げたもの全力でやる
成果:やるからには成果に固執すること。辛いかもしれないけど壁にあたって
   もぶちこわすくらいの気持ちでやる
次に、主な業務内容をご紹介し、加え何を感じ何が自分にプラスされ今後の活動にどう繋げていけるのかという点について述べていきます。
主な業務内容は、政策についての調査・議会の傍聴この二つを踏まえたうえでの文章作成でした。
過程において、初めはほめられることがあり、よくまとめられているよとおっしゃってくれることがありました。
しかし、一度自分の文章にフィードバックを受け、×をつけられたときがありました。
そして、
実は・・・
同じ仲間のインターンの女の子には◯がついていたのです。
この事実には、当時相当へこみましたし、めちゃくちゃ悔しかったのを覚えています。
いてもたってもいられず、風間さんに素直な気持ちを伝え、絶対に◯をもらうまでやりつづけると宣言しました。
これが僕の最大の特徴である”ポジティブシンキング”です。
このときの気持ちは、忘れられないですし情けなすぎて寝れませんでした><
では、なぜ僕の文章ができなかったのか・・・理由は明快でした。
“シンプルではなかった”のが原因です。
風間さんが伝えたいことを的確に捉え、要旨をまとめ、最大の結論を最初に記すことができていませんでした。
つまりわかりにくかったのです。
その時おっしゃってくれたことは
“何となくやったものは何となくにしかならない。”
何か、自分の人生についても思い当たる節があり、深く反省し、フィードバックをうけた内容とインターネット検索をして文章の書き方を勉強し、意識して時間度外視して丁寧にもう一度つくりました。
そこで、◯をもらったときはとても喜びました!
“遠回りだけどたどり着くイメージを明確に持つことことができていた”
このおかげで達成感・成長を感じることができました。
これが1つの体験です。
インターンで感じた最大の社会の基本的なカタチは2つです
■ 地道な作業のさきに結果があらわれる
一見華やかに見える仕事も行う人間が見せていないだけで、見える部分は氷山の一角であることです。
様々な書類作成などちいさな仕事の積み重ねによって、風間さんがいるのだとサポートさせていただきながら感じます。
イメージとのギャップに苦しんで、会社をやめていく人が多い中で、しっかり実情の把握を行える眼を養うことができました。
■ 地域に密着し人脈が大切
風間さんは区民の方々の声を大事にしていくことが根底にありました。
ビジネスに当てはめてみると、取引先のニーズをどれだけ見つけ理解し、自らの利益に結びつけていけるかだと感じます。
しっかり声を聞き、丁寧な対応の積み重ねでした。
この2ヶ月間で学び感じことはすべて自分の吸収したつもりです。
山あり、谷ありの緊張感のある場に身を投じ、強制的に自分を動かすことで様々な経験を積むことができました。
ですが、僕の言っていることは誰もが口にできることですし、本などでも書いてあることばかりです。
しかし、経験に基づく・基づかないで言うのは全く違うものだと思います。
経験を積んでいくうちに、言葉の重みも増していくと同時に、これからの自分の行動で軽くもなるはずです。
だから頑張ります!
さらにひと味違う学生なんだということを、発信していきたいです!
最後になりましたが、
風間さん、同じインターン生の2人、関わってくださったすべての方に感謝を伝えます。
ありがとうございました!
それとまだまだお世話になります^^
*****************************************
これに対して、風間からは以下のような
評価コメントを送りました。
******************************************
2人の優秀な1年生女子と比較すると
当初はおとなしい印象でしたが、
根底にある自己成長の意欲と
課題に対して真面目に粘り強く取組む姿には
これからの成長が期待できます。
今後は、他者の反応を恐れず自分の意見を主張し、
自己の強みを強化して行くことができれば
周囲からの信頼もより一層高まると思います。
*******************************************
インターンシップは通年で受け入れていますが、
この春のインターンシップは短期集中なので
プロジェクトをまかせることができます。
 
厳しい指摘や指導もしましたが、
今回の3名は本当によく頑張りました。
 
彼らの今後の成長を楽しみにしています。
 

CATEGORY:未分類
TAGS:

昨日の予算特別委員会総括質疑では、
昨日のブログでの報告に加えて、
以下2点についても取り上げました。
 
【中長期ビジョンについて】
 
(風間Q)
 世田谷区構想審議会が始まったが、
 区長が諮問する審議会メンバーに何故区議会議員の入れたのか?
 
(区長A)
 区民の代表として選ばれた議員の皆さんが出席することで、
 議論が活性化し、また審議会での議論が議会での議論と
 有機的に繋がる効果があるのではないかと考えている。
 
(風間Q)
 今後区長が基本構想を提案してくる際には、年齢性差を問わず
 より多くの区民の声を拾っていく必要もまだまだあると考えるが
 区長はどう考えrか?
 
(区長A)
 次世代を担う小中高生の意見を集めるには工夫も必要だがやっていきたい。
 また、子育てや福祉など区民の関心の高いものはテーマ別車座集会などで
 構想審議会と並走する形で意見を聞いていきたい。
 
(風間意見) 
 今後、厳しい財政状況が想定されている以上、優先順位付けも重要である。
 その点も今後、区長の考えを発信していってもらいたい。
【放射能について】
 
(風間Q)
 代表質問で取り上げた校庭におけるストロンチウム検出の問題で、
 区長は早急に対処するとのことだったが、
 その後、この1〜2週間で具体的に何をしたのか?
 
(区長A)
 土壌に関しては国が安全基準を示していないため、
 区で判断するのは難しい面があり、関係書簡に情報収集させている。
 
(風間Q)
 区の放射能測定器購入や土壌の除染などについては一定の評価をしているが、
 それにかかった費用を、他の先行自治体のように東電へ賠償請求しないのか?
 
(区長A)
 今後もしっかりと対策もしていきたいので費用は相応にかかってくるため、
 損害賠償をしていこうと考えている。
 
(風間意見)
 区も財政豊かな状況ではないので進めよ。
 そして、学校・保育園の対策という点では、
 子どもの健康を最優先に考え取組むよう要望する。
 
以上です。
 
皆様のご意見、お待ちしてます!

CATEGORY:未分類
TAGS: |

5年前のこと。
 
世田谷区で2歳5ヶ月の女の子が施設で亡くなりました。
 
亡くなったお子さんのお母さんは夜勤に出るシングルマザー。
 
世田谷区に相談し、子どものショートステイ事業を案内され
事故が起こった前の日の夕方、
3番目の幼子を児童養護施設に預け仕事に出かけたそうです。
 
この件を風間が議会でとりあげたのが、
4年前の予算特別委員会でした。
当時、風間も長男が2歳だったので
お母さんの悲しみを想像すると他人事とは思えず、
多少感情的に質疑したことを鮮明に覚えています。
 
こちらのブログでその時も報告しています。
 
当時、世田谷区は裁判に備えてなのか、遺族への謝罪がありませんでした。
 
遺族は「真相解明」と「心からの謝罪」であると伝えているにもかかわらず、
私の委員会での質問に、当時の区長からは一言もありませんでした。
 
この時のやりとりはこちらの議事録でご覧になれます。
 
あれから4年がたちましたが、区役所から2月28日に
遺族との調停がとり行われた、との報告がありました。
 
調停条項の要項には、
 
1)区が、調停の席上で遺憾の意を表す
 
2)区は、子供を夜間保護する世田谷児童保護事業において、
  同様の事件の発生の防止に努力する事を約束する。
 
とありました。
 
一見、遺族の要望に応えたかのようでありますが、
真相を確かめるために久々に遺族(お母さん)に連絡し、確認しました。
 
1)については、席上にお母さんは仕事で立ち会えず、調停所の書面に残されただけ、
2)については、区の弁護士が「こんなことまで必要ですか?」といった対応だったそうです。
 
風間も3番目の子が娘でちょうど2歳5ヶ月ということもあり、
お母さんの悲しみや無念さに改めて共感し、
再び議会で取り上げようと考え、本日の予算委員会で取り上げました。
 
一問一答形式で質疑応答が行われたので、要旨をを下記します。
 
Q(風間):
5年前に起きてしまったショートステイ児童死亡事件についてですが、
当時の区、区長の対応、区の弁護士の対応は
誠意ある謝罪を求めていた遺族の悲しみを増幅させました。
 
今年2月に決定した調停内容に
「遺憾の意を示す」「二度と起こらないようにする」とありますが、
二度と起こらないようにする区の具体的対策はなんですか?
 
A(こども部長):
事務改善・運用マニュアルの改善、課題の共有など行い、
安心・安全でできるよう実施しています。
 
Q(風間)
具体的にどのような対策をとったのかをを聞いたのですが?
 
A(こども部長):
受付時の説明の統一、パンフレット等の説明へ署名、
年齢毎のマニュアルの見直し、施設にいる方とのショートステイを分ける、
など徹底しています。
 
Q(風間):
マニュアルなどの徹底をしたとしても、守られている状況なのでしょうか?
 
A(こども部長)
全力で取り組んでいる次第です。
 
Q(風間):
こどもが親元離れて、過ごす事には様々なリスクが生じると思いますので、
二度と起こらないような徹底をお願いします。
 
次に遺族の気持ちの面ですが、区に紹介された施設に連れて行かれたのに、
一言も謝罪がなく、「遺憾の意を表す」という事だけでした。
これは謝罪に値するのでしょうか?
遺族に伝わっていない状況はどう思いますか?
当時保坂区長は区長ではありませんでしたがどう思いますか?
 
A(保坂区長):
区としての「遺憾の意を示す」ことは「申し訳なく思っている」ことだと思うが、
遺族の方に伝わっているかどうかを加味しなければならなかったと思います。
そして、遺族の方への弔意と以前とは違うんだということを示していきます。
 
(風間)
遺族の方もこのやりとりをどこかで見ていると思うので、
機会があれば直接伝えてほしいなと思います。
 
 
実は、お母さんは委員会の傍聴に来ていました。
 
改善されていると知り、少しホッとしたとのことでした。
 
どんなに謝られても、娘さんは帰ってきませんから
悲しみや無念さがなくなることはないと思いますが、
保坂区長の答弁は良かったとおっしゃっていました。
 
私達議会人としても、このような悲しい事が再びおこらないよう
行政をチェックしていかねばなりません。
 
改めてそう感じた1日でした。