「風間ゆたか」ホームページ > 外郭団体にたくさんの税金が・・・

今日は区民生活常任委員会を傍聴してきました。
 
常任委員会は5つありますが、
我々世田谷民主党は4人なので、
区民生活委員会には委員がいないのです。
 
本日は、各常任委員会で所管の外郭団体に関する報告聴取だったのですが、
風間の所属する文教領域には外郭団体がないので、区民生活委員会の
傍聴をしたわけです。
 
区民生活常任委員会は、
以下の5つの外郭団体を管轄しています。
 
・公益財団法人せたがや文化財団
 
・公益財団法人世田谷区産業振興公社
 
・公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団
 
・公益財団法人世田谷区シルバー人材センター
 
・株式会社 世田谷川場ふるさと公社
それぞれの外郭団体の平成22年度決算報告がありましたが、
区のお金がかなり投じられていることが改めてわかります。
 
以下、各団体の数値を紹介します。
 
【公益財団法人せたがや文化財団】
 
・受取区補助金:約12億5千万円
・受取区助成金:約1億3千万円
事業収益は約9億円で経常収益計約23億円。
 
【公益財団法人世田谷区産業振興公社】
 
・受取補助金 約5億円
事業収益は約1億円で経常収益計約6億8千万円。
 
【公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団】
 
・受取補助金:約1億7千万円
事業収益は約1億8千万円で経常収益計約3億6千万円。
【公益財団法人世田谷区シルバー人材センター】
 
・受取補助金 約1億2千万円
事業収益は8億2千万円で経常収益計約13億7千万円。
【株式会社 世田谷川場ふるさと公社】
 
・区からの委託事業:約3.5億円
売上高合計は約6.3億円。
 
 
世田谷区は財政難が続いている状況下、
補助金や助成金が自主事業収益を上回っている団体も多く、
我々はこの金額を削減していくべきと要求してきました。
 
今回は23年度の予算書も併せて報告がありましたが、
多少補助金・助成金を削減しているものの
事業が仕分けられているわけではないと感じます。
 
これらの団体には世田谷区の元職員幹部が
天下っているわけですが、
本当に外郭団体がおこなう事業が必要なのか?
そしてその事業は外郭団体が担うべきものなのか?
など、事業仕分けを行っていく必要があると感じています。
 
保坂区長の下、新体制で来年度どのように取り組んでいくのか?
今月から始まる区議会定例会で確認していく予定です。
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |