「風間ゆたか」ホームページ > 民間学童保育に期待
2011年8月23日

昨日、インターンの学生とともに
知り合いの保育施設経営者の話を伺いに行ってきました。
 
認可外でありながら、入所希望者は多く、経営は順調とのこと、
今後はニーズが拡大している学童保育所の展開を
考えているとのことでした。
  
先日も報道では、
全国の学童保育施設数は、
今年5月1日時点で全国2万か所を超え過去最多を記録とのこと。
 
しかしその一方で、入所待ちの待機児童が
約6千人に上ることが明らかになりました。
 
政府は「子ども・子育てビジョン」を導入し、
2014年度までに利用児童111万人を目標に掲げていますが、
補助金の少なさがネックで導入に慎重な自治体も多く、
目標達成は厳しい状況にあるそうです。
 
世田谷では学校施設内の学童保育で
希望者全員を受入れている為、待機児童はいませんが、
世田谷でも年々利用者数が増加しており、
これまでの新BOP内学童保育では様々な問題が解決できないと、
議会でも解決策の提言を行ってきました。
 
特に利用者増に伴う過密化が深刻な施設がありますから
民間の学童保育の存在は課題解決の鍵となると考えています。
 
政府や東京都のさらなる支援策にも期待したいところですが、
民間による新たなサービス展開にも注視していこうと思います。
 
子どもをより育て易い環境づくりの為に
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |