「風間ゆたか」ホームページ > 気仙沼復興支援活動【続編】

昨日に続き、気仙沼復興支援活動報告です。
 
お昼を頂いた後、そのまま唐桑地区で、
シンデレラプロジェクトでの靴の提供先を探しました。
 
まずはこの地域の唐桑小学校を訪問。
 
教頭先生とお話した所、物資は市からも提供されており、
わりと充実しているとのことでした。
 
風間はこれまでに全国各地の小学校を訪問してきたので、
このような新しいプロジェクトに積極的に参加してみようという
学校管理職が少ないことをよ~く知っています。
 
再開したばかりの唐桑小学校では難しそうだと察しましたので、
受け入れ先として、どのような可能性があるかを伺いました。
 
すると、この小学校には唐桑幼稚園が入っていて、
園長先生も小学校長兼任ではないとのことですから、
早速、直接お話をしてきました。
 
この幼稚園の園舎は被災したそうで、
現在小学校で間借りしているのだそうです。
 
園長先生は園児達に新しい靴をプレゼントするこの企画を
とても有難がって下さり、園児の保護者にご案内してくださることとなりました。
kese-karayou.JPG 
園児は全部で24名。
 
早ければ、来週末の派遣隊が、靴とメッセージカードを持って
届けることができるのではないかと思います。
 
その後、市内中心街の状況を見て回りました。
kese-stop.JPG
湾岸は地盤が下がっていて、満潮時には冠水すると聞いていましたが、
随所にこのような看板が掲げられていました。
 
気仙沼の象徴とも言える市場も、満潮近くになると水没してしまうそうです。
(写真左側が市場の屋根のある部分です。)
kese-ichiba.JPG 
市場再開に向けて、工事が行われていました。
 
そして、かつて賑わっていた港湾地域は、
火事の影響でまるこげになっており、
空爆後の世界を想像させられました。
 
また、写真のように、
至る所に船が陸に打ち上げられたままとなっていました。
kese-wan.JPG
 
川には、まだ撤去されていない住宅やトラックなどが
たくさんありました。
kese-river.JPG 
鉄橋には復興祈願の大漁旗が掲げられています。
 
そして、最後に市役所を訪問しました。
kese-messe.JPGのサムネール画像
入り口近辺には、全国各地から寄せられた
応援のお手紙などが掲示されていました。
 
有名人だけでなく、中学生からのお手紙などもあります。
 
毎年、目黒さんま祭でたくさんのさんまを提供してくれる気仙沼市。
今年は目黒さんま祭の開催が危ぶまれたようですが、
目黒区の復興支援に応えたいということで、
気仙沼市はなんとかさんまを9月に提供してくれるのだそうです。
 
現状の気仙沼市は、未だ倉庫で腐敗しているさんまが2000トンもあるそうで、
昨日のように気温が高くなると、街じゅうに腐敗臭が漂うようです。
 
しかし、市としても6月にはカツオを水揚げできるよう、
水没してしまう市場の再生工事を急ピッチで行っているとのこと。
 
目黒区は志願した職員6名を窓口業務支援で、派遣しているそうです。
kese-city.JPG
 
人・もの・金とあらゆる支援を行ってきたそうですが、
気仙沼の市民レベルで始まった目黒へのさんま提供同様に
伊藤ゆう都議は、目黒区民として、
今後どのような支援ができるのか意見交換をしていました。
 
復興には時間がかかりそうですから、
より多くの方に、直接現地で復興支援活動に携わってもらえればと思います。
 
風間も議会活動の合間をみて、引き続き復興支援活動に取り組みます。
 
復興支援のクリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: