「風間ゆたか」ホームページ > 再び被災地での復興支援活動

昨日の午後に東京を出発し、
今日は再び被災地復興支援ボランティア活動です。
 
今回の支援地域は気仙沼市。
 
気仙沼市はお隣目黒区と深い関係ということで、
親友の伊藤ゆう都議会議員(目黒選出)を誘って、
昨夜に現地入りしました。
 
今週末には国際ボランティア学生協会が募集した170人規模のボランティアが来るので
その先発隊という位置づけで、合流させてもらいました。
 
10人用大型テントが既に準備されています。
kise-base.JPG
  
我々は物資や装備が管理されている建屋の中で
寝袋と毛布を使って一夜を過ごしました。
kese-base1.JPG
 
本日の午前中の活動は、
気仙沼でも支援が遅れている旧唐桑地域でのお手伝い。
 
震災から2ヶ月以上たっていますがこんな状態です。
kese-karawan.JPG
 
FIWCという若者たちの団体が、自らチラシを配布して
支援先を開拓しているとのことでした。
 
我々3人はこの団体の若者6人と一緒に、鈴木さん宅の
屋根瓦の取り外し&積み込み作業のお手伝いをしました。
kese-hashigo.JPG
 
まずはこのような籠を持って屋根に上がります。
(写真は風間です。)
kese-kawara-k.JPG
 
そして、3枚ずつ積み込み、ロープで下に降ろします。
kese-yane-k.jpg
 
伊藤ゆう都議も地道にこの降ろし作業を続けました。
kese-yuu.JPG
 
瓦1枚あたりおよそ2キロ程で結構な重労働ですから
90分ほどで休憩です。
 
休憩しているときに、野生の「かもしか」が
様子を見に?きたようです。
kese-kamo.JPG 
 
3時間半ほど作業を行いましたが、900枚ほどの瓦を降ろしました。
 
1段目はほぼ剥がしましたが、それでも全体の半分程度です。
kese-yane.JPG
 
お昼は、持参してきたカップラーメンだけでなく、
奥さんが用意してくれた手作りのおにぎりや煮物を
みんなで頂きました。
kese-lunch.JPG 
 
昼食時には、ご夫婦からいろいろとお話を伺いました。
kese-lunch2.JPG 
この集落は数世帯で、家屋の裏がすぐ高台の為皆無事だったそうですが、
2階部分まで水が達したそうです。
 
鈴木さん宅は平屋で水に浮き上がり、もはや住む事はできないため、
親戚宅に瓦を提供するのだそうです。
 
「瓦は半永久的に使えるんだ、これだけで350万円だよ。」(標準語訳)
と。
 
我々3人は午前中だけのお手伝いなので、
どれだけお役にたてたかはわかりませんが、
とても感謝されましたし、
まだまだ人手は足りていないということを実感しました。
 
明日は午後の活動の報告をします!
 
ご支援のクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

CATEGORY:未分類
TAGS: