「風間ゆたか」ホームページ > 2011年3月

2011年3月を表示しています。

昨日のブログの続きとして、
石巻災害復興支援活動1日目後半の様子を報告します。
 
—————————————————————–
遠藤さん宅のお手伝い後、風間は再びなかよし保育園へ。
 
予め伺っていたおもちゃ類(ダンボール)に加え、
おしりふきと各サイズの紙おむつを1袋ずつ届けて来ました。

 
今度は園長先生とお会いすることができ、とても感謝されていました。
職員さんたちの頑張りで、泥だらけだったフロアもピカピカに!
116hoiku3.JPG
「これでなんとか明日の卒園式ができる見込みとなりました!」とのこと。
 
この地域を復興させていこうというエネルギーを感じることができました!
 
夕方で一旦ボランティア活動は終了となるため、
さらに被害が大きかったという太平洋側の様子を見てくることに。
 
国道398号を東に進むわけですが、
旧北上川を渡る橋の手前では船が道を塞いでいました。
117mi.JPG
 
そして、川を渡るとまだ行方不明者が多いという石巻市湊地区に。
118mi1.JPG
全半壊の家々がまだまばらに残されていて、水が引いていない箇所も。
水産加工場なども多かったようで、腐臭が漂っており衛生面も心配です。
 
一方でもう少し東に進むと、万石浦が見えてきますが、
海岸沿い?でも全く家はながされておらず、ボートは停泊し、
養殖場は保全されているように見受けられました。
119wan.JPG
 
そして、峠の向こう側にある女川町へ。
120ona.JPG
あれ?この道路の最頂点あたりを越えてすぐなのに、家が倒壊しています。
 
海まで1kmほどあり、標高も多少あるだろうになぜ?
 
少しずつ下っていくと、周囲は一面倒壊しています。
122ona0.JPG
少し高台にある老人ホームらしき建物の上に、一般家屋が乗っかっています。
 
そして、海に近づくと町の中心地は壊滅状態だとわかりました。
121ona1.JPG
 
女川町中心部には、こんなに建物が多かったのだと、
グーグルストリートビューを見て驚きました。
 
夜の予定まで時間があったので、
女川から南に突き出ている牡鹿半島を周って石巻に戻ろうと試みました。
 
山道はまだ修復できていない箇所も。
123oji.JPG
 
津波の高さと威力がこの写真に現れています。
123oji0.JPG 
 
半島にはいくつもの集落があったようですが、
どの集落も壊滅的な状況でした。
124oji1.JPG
 
そして、半島の先の方までくると、
125oji2.JPG
アスファルトの道路は剥がされ、道がなくなっていました。
 
遠くの方に繋がっていたであろう道路が見えます。
 
呆然としていると、自衛隊の方がちょうどやってきました。
 
橋があったそうですが津波でもっていかれたそうです。
帰路は来た道をそのまま戻るのみ、とのこと。
暗くなり始め、雨も降ってきたのでちょっと不安。。
 
18時を過ぎるとあっという間に暗闇に包まれます。
湊地区まで戻ってきた頃には真っ暗でした。
 
まだ、電気が通っていない地域もあるのです。
126mi3.JPG
 
そして、最後に目指す場所は、石巻専修大学キャンパス。
高台にある為、被災せず、ボランティアセンターの拠点となってます。
 
毎晩ここで、ボランティア団体の代表者などが中心となって会議が行われています。
 
市内で支援活動を行う人達が集い、情報共有や今後の取組み確認などを
行っているとのことで、これに参加してきました。
127npo.JPG
 
社会福祉協議会(社協)の方が進行役を勤めていましたが、
ボランティア関係の方はどなたでも参加できるとのことで、
聞いたことがある著名なボランティア団体から、
今日、単独で石巻に入ったという人まで100人ほどが参加していました。
  
今日の任務が終了し、我々の拠点(ベース)に帰ってきたのは21時半。
今回のベースは空きテナントのワンフロアを貸してもらっています。
128base.JPG
 
中央にある石油ストーブは当然就寝時に消化するので
明け方は室内も0度を下回るとのこと。
 
寝袋と防寒対策はばっちり準備してきたもの、相当な寒さを覚悟してきましたが、
毛布が床一面に敷かれていてちょっとだけほっとしました。
 
調査隊の方は、この時間に帰ってきていないメンバーもいましたが、
我々は朝が早かったので、即、就寝させてもらいました。
 
本当に長く、衝撃の多い1日でした。
 
2日目の活動の様子については、後日ブログで報告していきます!
 
現地の状況に関する質問やご意見など是非コメント記入してください!
 
より多くの人にこの状況を知ってもらうためにも応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |

昨日のブログで表明したとおり、
今日は朝2時に出発し、友人2名を乗せて石巻に向かいました。
 
1日の行動を写真付きで報告するので、かなり長くなりますが、ご覧ください。
 
予め緊急車両として申請していましたので、
首都高速から東北道の高速道路料金は免除となりました。
 
東北道は福島県に入ると、道路が補修されている箇所が増え、かなりの悪路。
 
仙台東インターで降り、仙台市から海沿いに
被災地の様子を見ながら石巻を目指しました。
 
インターを降りた直後は、普段と変わらぬ様子でしたが、
海側に近づくにつれ、瓦礫が散乱しているではありませんか!
101se.JPG
さらに進むと、信号は消えていて、商店の1階部分はやられています。
102se.JPG
 
そして、海が見えるところにくると道路に船が・・・。
103se.JPG
 
さらに国道45号線を北上すると、日本三景の松島。
 
この地域は、島々のおかげで津波の威力が減少し、
被害が少なかったと聞いていましたが、
 
そのとおり、浸水こそあったものの
倒壊している建物は見あたりません。
104ma.JPG
 
そのまま45号線を進み、石巻市に入るとすぐに、
国道が未だに通行止めになっている箇所があり、
TV映像で見たような光景。
105is.JPG
 
団体のベースにしている場所に8時半に到着しましたが、
まずは、その近くで甚大な被害となった海沿い、門脇町の様子を見てきました。
106kado.JPG
戦争を経験しているわけではありませんが、
映像で見る戦災地の様子そのもの。
 
グーグルマップのストリートビューでは、被災前の様子を確認できますが、
あまりの違いに愕然とします。
 
107kado2.JPG
 
この地域は火災も起こったため、特に被害が大きかったようです。
奥に見えるのは門脇小学校。
108kadosho.JPG
 
そして、本隊と合流する前に、もう1つのミッションを果たすために
石巻市のなかよし保育園へ。
109hoiku1.JPG
 
世田谷の保育室保護者連絡会の仲間が熱心に支援活動をしていて、
保育園保護者に呼びかけて物資を集め、
既に被災地の保育園に送付する活動をしています。
 
風間が石巻に行くと言う事で、支援する石巻の保育園を紹介してもらい、
直接お届けするお手伝いをするという役割を担いました。
 
電話は繋がらない状態でしたが、
主任の先生にお会いすると、話は伝わっていました。
109hoiku.JPG
この日は、新年度の保育再開に向けて、職員みんなで清掃に取組んでいるため、
午後に届けてもらいたいとのことで出直すことにしましたが、被災状況を伺うことができました。
 
海から4キロほど離れている中里地区でも、1m弱の床上浸水となり、
4日間水が引かなかったためにお迎えに来られる保護者も少なく、 
園児たちと2階で避難生活をおくったそうです。
 
幸い、園児・保護者・職員皆さんご無事だったとのことですが、
1階にあった子どもの遊び道具は全滅。
 
机や椅子の消毒作業などを含めた清掃は
大きな保育園だけに大変なことだと思います。
 
 
その後、ようやく当団体の現地責任者と会い、本日の任務を確認。
 
主要部隊は市内避難所の現況調査事業に同行し、
学生部隊は個人宅の復興支援ボランティアとのことで、
風間は学生と共に行う力仕事を志願しました。
 
新品の世田谷区議会防災服を身にまとい、早速合流。
 
学生部隊といっても、危機対応講座上級もマスターしていて
災害現場は何度も経験しているベテランたちです。
110kotaku.JPG
支援するための装備も団体の自前です。
 
場所は先ほどの保育園に近い地域ですが、1mの床上浸水地域で 
1階部分の家財道具が泥水まみれで使い物にならず、
それを道路沿いまで持ち出さねばならない、という家が何千戸とあるわけです。
 
水がしみこんで重たくなっており、若者がいないお宅は
ボランティアに頼らざるを得ないということでした。
 
今回お手伝いしたのは遠藤さんのお宅。
111endo.JPG
 
物が多い上に、公道まで50mの砂利道は予想以上に苦戦を強いられました。
112endo2.JPG
この写真は力持ちの2人が運んでいますが、
水に浸った畳は1枚で100kg弱はあります。
 
最も苦労したのは、水に浸ったピアノ。
男8人でなんとか運び出すことができました。
 
113endo3.JPG
写真以外にも2部屋あり、4時間かけても終わらなかったので
翌日に持ち越しということになりました。
 
114endo4.JPG
写真で見える廃棄物の8割方が、今回遠藤さんのお宅から
我々が運び出したものですが、街中でこのように
廃棄家財が積み重ねられているわけです。
 
このようなボランティアはまだまだ足りておらず、
申し込みから何日か待ちというのが現状とのこと。
 
力仕事ができる若者のボランティアが必要です!
 
1日目の報告(前半)はこのあたりで一旦閉じます。
 
明日のブログでは1日目(後半)の報告をしますので、是非ご覧ください!
 
 
このような実態をより多くの人に知ってもらいたいので、
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

今日は区議会第一回定例会最終日で
実質上任期中最後の本会議でした。
 
そして、本日の議会終了後、今晩から
特に深刻な被災地である宮城県石巻市に
災害支援活動に行ってきます。
 
自分の選挙直前というこの時期ですが、
3月いっぱいは現地で泥まみれになって
お手伝いをしてこようと思ってます。
 
この時期に現地に行くことは賛否両論ありますが、
今ボクができることは何か?
 
熟慮し決めました。
 
現地ですでに活動しているNPOの仲間とともに、
被災地復興に貢献したいのです。
 
風間が理事を務めるNPOは、
これまでにも国内外の災害支援活動を行ってきましたが、
今回は既に2次隊まで現地入りしてます。
 
これまでの経験を最大限に活かし、
現地のみなさんのお役に立てていると聞いています。
風間はこの4年間で、
世田谷区の危機管理について、
議会でいくつもの提言をしてきました。
 
BCP(災害時事業継続計画)については、
いち早く議会でその必要性を訴え、
災害時要援護者支援の危機管理については
民間事業者の専門性に頼るべきと提言してきました。
 
東京でも首都直下型地震がいつくるかわかりません。
 
世田谷区の危機管理体制をより強化させていく為にも
今回の活動は貴重な機会だと考えています。
 
自衛隊の方々の圧倒的な力には全く及びませんが、
1人でも多くの被災者の力になってこようと思ってます。
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村
 

CATEGORY:未分類
TAGS: |

今日は区立小学校の卒業式でした。
例年どおり、風間も地元の小学校に来賓出席してきました。
 
asahi1103.JPG 
(児童の顔がわからないように画像を荒くしてあります。) 
 
卒業生と在校生(5年生)が向かい合って行う
メッセージのやりとりと合唱は本当に感動します。
 
特に今年はご近所のお嬢さんも卒業ということで、
初めて知っている子もいる小学校卒業式でした。
 
さて、校門入ったところでは、昨日世田谷区が発表した
1歳未満の乳児向けペットボトル水の配布が行われていました。
water.jpg 
この時には受取りに誰もいなかったのでお話を伺うと、
10分に1組程度のペースでまだ十数組とのことでした。
 
電話問合せ対応での案内とホームページのみという情報提供ですから、
知らない保護者もいるのでは?と気になりました。
 
 
さて、このような状況ですが、
明後日に予定している2つの親子イベントは、
申込者と講師の意向もあり開催することとしました。
 
どちらも屋内ですので、予定が空いてしまったという親子は
今からでも受付ますので是非ご参加ください!
 
以下詳細です。
 
────────────────────────────
 
3/27(日)11時~ 世田谷親子ドラムサークル
 
3/27(日)13時半~ こけ玉ワークショップ
 
────────────────────────────
【各イベント詳細】
 
両方とも世田谷区後援イベントです! 
────────────────────────────
 
3/27(日)11時~ 世田谷親子ドラムサークル
 
親子打楽器ワークショップ@世田谷 vol.4
 
0歳~高齢者まで楽しめるドラムサークルを親子で楽しもう!
■開催時間:10:30開場 11:00~12:00
 
■開催場所:国士舘大学柴田会館(世田谷区役所前)
  
■講   師:青葉航氏(ドラムサークルファシリテーター)
 
■定   員:親子30組
 
■参 加 費:1,000円(大人1人につき)
 
────────────────────────────
 
3/27(日)13時半~ こけ玉ワークショップ
 
子どもの感性を育む!こけ玉づくり。
 
どろとこけでつくるこけ玉に親子で挑戦しましょう!
 
■開催時間:13:00開場 13:30~14:30
 
■開催場所:国士舘大学柴田会館(世田谷区役所前)
 
■講   師:和田徳之氏
 
■定   員:50キット分
 
■参 加 費:1,000円(1キットにつき)
────────────────────────────
 
お問い合わせやお申込みはこちらから事務局宛て
こちらへのメールでお願いします!
 
子育てイベント応援のクリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

昨日、保育室に娘を迎えにいくと、
TV取材が行われていました。
昨日のブログで取り上げた、
水道水の放射能測定結果を受けて
保育室としての対応や保護者の反応を
インタビューに来たとのことでした。
 
今朝のTBS「朝ズバ!」で
バッチリ施設長先生のインタビューが放映されていました。
TBS.JPG
 
何人かの保護者にもインタビューがあったようで、
風間も一保護者として応じたわけですが、
何故か風間へのインタビューが放映されていました。
TBS-1.JPG
 
「朝ズバ!」をチェックした後に議会へ。
 
本日は予算特別委員会の最終日。
 
一昨日に続き、質問を担当しました。
 
以下の内容を確認しました。
 
1.世田谷区による東北地方被災地支援について
 
これまでの物資の送付に留まらず、被災地で求められている
人の派遣による支援の必要性を訴えかけました。
 
世田谷区は仙台市からの要請で建築物危険度調査員として専門職員を、
環境省からの要請で看護士を派遣する予定とのことでしたが、 
既に現地入りしている風間が所属するボランティア団体からの情報によると
現地は災害現場でしきれる人がおらず、避難所も混乱しているとのことで、
現地で陣頭指揮がとれる区の職員派遣や職員のボランティア参加を求めました。
 
2.世田谷区の災害対策情報提供について
 
本日東京都が行うペットボトル水の提供についての発表は
他区に比べて遅すぎることを指摘し、
昨日の保育施設への情報提供内容が議会に報告がなかったことを指摘し、
区民が求めている情報を速やかに伝達していくよう求めました。
 
3.保育園の改善について
 
保育を受ける子どもたちのために
認可保育園の増加に伴う担い手不足の問題と
区立認可保育園で働く臨時職員、アルバイトさんへの
マネジメントについて改善を求めました。
 
4.予算について
 
これまで積み上げてきた基金を取り崩さざるを得ないという来年度予算案ですが、
国や東京都の補助金のない区の独自予算で道路用地の買収予算を計上しています。
 
このような厳しい状況下で本当にその必要があるのか問いただしました。
 
 
そして、全会派の予算質疑を終えて、最後に採決となりました。
 
我々世田谷区議会民主党は、
これまで要望してきた数々の事項が実現したこともあり
予算案に賛成しましたが、委員会でも賛成多数で可決となりました。
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

世田谷区も東北地方の被災者支援取組みが
少しずつ進展してきました。
 
今日は、都市整備部から
被災者の住宅支援の取り組みについての連絡がありました。
 
1.区営住宅15戸を無償提供
 
世田谷区内に避難している被災者で
地震・津波で住宅を失った方を優先的に
4月1日から半年間提供する。
 
2.せたがやの家30戸
 
福島の原発周辺地域で国から避難指示がだされた
地域からの避難者を対象とし、区が地区会館等で
受け入れた避難者を優先的に
4月1日から半年間提供する。
 
いずれも3月末に募集し、
抽選によって決定するそうです。
 
 
東北地方の被災者支援が進む一方で、
世田谷区民の生活を脅かす情報が、今日の午後入ってきました。
 
東京都水道局より水道水の放射能測定結果についての発表があり、
東京都水道局金町浄水場の浄水(水道水)から、
食品衛生法に基づく乳児(1歳未満)の飲用に関する
暫定的な指標値100Bq/kgを超過する濃度の
放射性ヨウ素が測定されたとのことです。
 
乳児による水道水の摂取を控えていただきたいとのことですが、
一方で代替となる飲用水が確保できない場合には、摂取しても差し支えない
世田谷区のホームページには表記されています。
 
これでは、保護者が安心できるわけがありません。
 
夕方、近所のスーパーを回ってみると、既に飲料水は売り切れでした。
 
先ほど、東京都は、
1歳未満の乳児のいる家庭にペットボトル3本の飲料水を
緊急に提供すると公表
しましたが、
これも1歳児未満の子どもがいる家庭のみですから
幼い子どもを育てる当事者としても不安が募ります。
 
東京都も世田谷区も備蓄している資源に限りがあるとは思いますが、
一刻も早く、安心できる対処を明日の予算委員会でも要求していく予定です。
 
ご支援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

今日は予算特別委員会の文教領域の質疑を担当しました。
 
今回の予算委員会では6日目にして初登場だったので、
まずは冒頭にて、被災者の皆様にお悔やみとお見舞いを申し上げました。
 
特に、風間は岩手・宮城・福島で前職時代に
小中学校で授業を行ってきていますから、
そのときの子ども達が無事であることを願いつつ、
まずは世田谷の小中学生の震災後の状況と
教育委員会の対応について質問をしました。
 
Q1.区内にも親戚などが被災しているという児童もいるかと思うが、
   震災後のスクール・カウンセラーへの相談状況に変化はあったのか?
 
A1.各学校での状況を教育委員会では確認できていないが、
   区の教育相談室には地震関連の相談はない。(電話相談は1件)
 
Q2.メディア報道によって、子どもの心理的不安が助長されているのでは?
    と心配しているが、学校現場ではどのように指導しているのか?
 
A2.子どもが安心して通えるように、担任が冷静な判断をするよう心がけ、
    子どもに対して自信を持って接するよう呼びかけている
 
Q3.風間は中越地震直後に長岡で授業を行った際に、児童達は
    他地域の子ども達からの励ましのメッセージなどに大変勇気付けられている
    様子を目の当たりにしたが、今回の震災後に学校の授業の中で、
    そのような取組みは行っていないのか?
 
A3.災害時の連絡方法や復興に向け、どんなことができるのかを考えさせる
    といった取組みを既に行っている。
 
Q4.世田谷区内の教育施設におけるハード面の被害状況は?
 
A4.被害状況は、幼稚園3園、小学校21校、中学校9校で
    水道管の破損、タイルのひび割れ、などが確認されたものの
    人的被害は無かった。
 
Q5.震災後、東京を離れるといった家庭があると度々耳にするが、
    病欠以外での長期欠席者数などは把握しているのか?
 
A5.現段階で教育委員会として確認できていない。
 
Q6.各家庭の判断でも、その数が増えてくると、残る子ども達が
    不安に感じる可能性があるが、どのような指導をしているのか?
 
A6.各学級において教員が冷静に対応するよう指導している。
 
Q7.放射能に対して、心配する保護者も多い状況だが、体育など
    屋外での授業はどうなっているのか?
 
A7.一部屋外を見送った学校もあったが、人体に影響を及ぼす状況ではない
   といった国の情報に基づき、通常通り行われている。
 
Q8.外部被爆に関しては現段階で人体に影響を及ぼす状況ではないと認識しているが、
    内部被爆に関しては心配する声を度々耳にしている。本日も、海水から基準値を
    大幅に上回る放射性物質が検出されたとの報道があったが、給食における
    野菜や水産物などに関しては何か対策をとることはないのか?
 
A8.国や都の指導に従って、冷静に適切に対応する。
 
 
続いて、小中学校における子どもの安全確保という観点から、
これまでに指摘してきた安全対策の進捗について確認をしました。
 
Q9.学校現場において、児童生徒が命を落とすといった事例としては
   毎年のようにどこかで落下事故が起こっている状況であり、
   この防止策については十二分に行うようよう要求してきたが、
   その後、強化するなどの対策をとったのか?
 
A9.転落防止用の柵を基準よりも高い位置に設置するなど、
   順次取り組んでいるところである。
 
Q10.以前より指摘しているが、品川や杉並が取組むオートロックと比較すると
     世田谷の学校警備は甘く、簡単に進入できる状況のままだが、
     未だにこの状況を改善する予定はないのか?
 
A10.防犯カメラは設置しており、声かけなどの対応を強化している。
     オートロックの導入については今後も検討していく。
 
以上です。
 
今回は予定を変更して、
学校現場における子ども達の安全・安心を最優先に
質問項目を絞りました。
 
まだまだ改善されない事項も多々ありますので、
引き続き、学校教育全般の改善については
注力して取組んでいきます。
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

今回の震災では、情報インフラとして
ツイッターが最も使えた
と感じた方も多いのではないでしょうか?
 
11日に大地震の直後は
携帯電話が繋がらず、
携帯メールも送ることはできるものの
着信までには実は相当な時間がかかっていた為、
最初の安否確認がツイッターだったという話も良く聞きます。
 
そんな状況下、昨日から世田谷区は
ようやくツイッター公式アカウント(@city_setagaya)を取得し、
東日本大震災関連の情報などをタイムリーに発信しはじめました。
 
昨日風間がこの情報をツイートすると、
77人もの人がリツイートしていましたが、
@city_setagayaのフォロワー数は
1日で2500を超えていました。
 
このブログを作成している間にもフォロワー数は増えていますから
それだけタイムリーな区の情報を求めている人がいるわけです。
 
今日の区の最後のツイートは
19日の世田谷区の計画停電に関する情報でした。
 
風間のツイートでは、区のアカウントでツイートされていない
明日以降の世田谷一部地域の計画停電時間帯を公開しています。
 
全ての自治体で公式アカウントでのツイートに取り組んでほしい、
といった意見も寄せられましたが、
世田谷区も今後は災害関連情報だけでなく、
分野毎にアカウントを儲け、
各部署が自立的かつ積極的に
情報提供していくべきではないかと思います。
 
ご賛同いただけましたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |

11日の大地震と大津波で亡くなられたと確認された方の数は
日に日に増すばかりであり、心よりご冥福をお祈りします。
 
また、未だ行方不明となっている方も相当いらっしゃいますので
ご無事であることをお祈りするばかりです。
 
被災地では、避難所で寒さと不安感に耐え忍んでいる方々が
大勢いらっしゃるわけであり、自分が何ができるだろうか?
と考えている方は全国的に多いのではないかと思います。
 
 
風間が理事を務めている特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会は、
阪神大震災や中越地震を始め、国内各地の災害で支援活動を行ってきましたが、
現在は、救援物資の輸送が最優先事項なので、
個人が現地に入ってボランティア活動を行うことは
自粛することが望ましい、とのことから、 
本日からまずは学生達が街頭募金活動を始めるとのことです。 
 
 
また、風間の前職、ウィル・シードでは
ジャスト・ギビング・ジャパンのチャリティ・プラットフォームで
「ウィル・シード東北地方太平洋沖地震義援金プロジェクト」
を立上げ、3日間で目標金額の300万円が集まったそうです。
 
追加で募集をしているとのことですので、
詳しくはこちらをご覧いただければと思います。
 
   
様々なところで義援金の募金を行っていますが、
各々の思いを届けてくれるであろうと信頼する団体へ
託す形になるかと思います。
 
風間は本日の夕方、民主党として全国で行っている
街頭募金活動を三軒茶屋で行う予定です。
 
義援金を集めて、被災者の方々を支援することは、
政党や思想などと関係なく行うべきものだと考えますが、
これまで募金を躊躇されていた方の後押しになればと思い行います。
 
現段階で、個人すぐにでもできることは義援金による支援かと思いますが、
団体としての救援物資の輸送方法について
防衛省・自衛隊からのお知らせがありましたので
ご確認頂ければと思います。
 
今後、世田谷区やボランティア団体などが募集する
物資やボランティアなどの情報が入り次第、告知していきます!
 
皆様の想いが被災された方々に様々な形で届き、
1日でも早く、健やかな生活を取り戻されることを願っています!

CATEGORY:未分類
TAGS: |

今日は予算特別委員会の予備日でした。
 
世田谷区教育委員会事務局から
震災および計画停電に伴う教育委員会所管の
対応について情報提供があったので報告します。
 
【区立小中学校関連】
 
・全校で通常通りの授業を実施。
 
・卒業式は予定通り実施。
 
・遊び場開放は当面実施。
 (ただし、運営委員会の判断で休止もありうる)
 
・給食は17日から牛乳提供不可となり水筒持参。
 
・計画停電予定地域の14校については、
 午前中停電日の場合は弁当対応。
 
※14校は以下のとおり
 
八幡小、奥沢小、東玉川小、九品仏小、祖師谷小、
砧小、砧南小、明正小、山野小、喜多見賞、
奥沢中、尾山台中、砧南中、喜多見中
 
・新BOPについてはBOPが全校で当面休止で、
 学童保育は当面通常どおり実施。
 
【区立幼稚園】
 
・全園で通常通り実施
 
・終了式も通常通り実施
 
【区内教育施設】
 
・図書館は計画停電地域にある砧・奥沢・鎌田図書館が
 計画停電時間帯において休館。
 
・経堂図書館の閉館時間を20時に変更
 
・プラネタリウムは当面休止。
 
・民家園、池の上青少年会館、郷土資料館、
 青年の家は通常通り開館
 
以上です。
 
それぞれ、3月15日現在の情報であり、
状況変化によって適宜対応する予定とのことです。
 
ためになる情報でしたら、ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

金曜日に発生した大地震ですが、
日を追うごとに深刻な被害状況が明らかになってきています。
 
昨日の夜遅くに突如発表された、
東京電力の計画停電によって
電車が運休となって混乱された方も
多かったかと思います。
 
我々は、本日予定どおり
予算特別委員会が開催されましたが
その直前に、区からようやく
今回の震災後の情報提供がありました。
 
本日の区内における停電については
東電公表があいまいでよくわかりませんでしたが、
本日14:10-17:10に以下の区内地域で
停電となる可能性があるそうです。
 
祖師谷3・4丁目、成城1~6丁目、砧1・3~8丁目、
喜多見1~9丁目、大蔵1~6丁目、宇奈根1~3丁目、
鎌田1~4丁目、岡本1・3丁目、奥沢1~6・8丁目、
東玉川1~2丁目、玉川田園調布2丁目です。
 
明日以降については、前日17時頃に
日替りでエリアと時間帯を東電が公表するとのことです。
 
ところで、11日の震災の影響で
帰宅困難となった区民も多かったかと思いますが、
保育園児と小中学校の児童生徒の状況についても
報告がありました。
 
公的支援のある区内189保育施設には
大きな被害がなかったものの
帰宅困難の保護者が多数いらっしゃって、
12日朝3時でも13園30人が施設内で
保育されていたそうです。
 
翌日12:40には全員引渡しが完了とのことで
保育されていたスタッフには頭が下がります。
 
また、区外遊園地へ遠足中だった私立認可園があり、
庁有車6台で迎えに行き、
4・5歳児47名は深夜1:20までに
保護者に引き渡しができたとのことでした。
 
区立小中学校でも保護者の帰宅困難により、
深夜1:15の段階でも35名が学校で保護されており、
翌日10:23までに全員が無事帰宅したとのことでした。
 
また、校外学習中の学校が9校あり、
電車移動であった3校は、
現地市営体育館などで1泊し、
翌日14時半までには全員無事
帰校したとのことでした。
 
今後も停電や原発の問題など
世田谷区においても危機管理に
取り組まねばならない課題が山積しています。
 
引き続き、皆さんに逐一情報提供して行きます!

CATEGORY:未分類
TAGS: | |

今日は国内観測史上最大の地震が発生しました。
 
未だに行方不明の方もたくさんいらっしゃる状況ですが
ご無事であることを祈念しています。
 
明日明後日と合計3つの親子イベントを予定していましたが、
全て中止と致しました。
 
改めて企画していこうと思っています。
 
昨日の大地震の際、皆さんはどのような状況でしたか?
 
風間は支援してくださる方のお宅にお邪魔していました。
 
高齢のご婦人でしたので、1人だったらとても不安だったと
大変感謝されましたが、
区内には高齢者のみの世帯がかなりありますので
皆さんが本当にご無事なのかが心配です。
 
世田谷区内の幹線道路は
徒歩にて帰宅される人たちがたくさんいらっしゃいましたが、
風間事務所のインターンに来ていた学生2名は
帰宅困難となり、結局我が家へ宿泊することとなりましたが、
夜遅くまで手伝ってくれました。
 
週末予定していたイベントや活動は中止することとしましたが、
滞っていたデスクワークを処理していこうと思っています。

少し前のネットニュースですが、
乙武匡洋さんが4月から練馬区に
「まちの保育園」を創設すると報じられていました。
 
その記事を見てみると、この「まちの保育園」を経営する会社の社長は
松本理寿輝〈りずき〉さんではありませんか!
 
松本さんとは以前、保育園開設相談でお会いしたことがありますし、
共通の友人が何人もいる同世代の経営者です。
 
練馬で認証保育所を開設するという話は聞いていましたが、
まさか乙武さんと一緒とは驚きです。
 
乙武さんとも以前お会いしたことがありますが、彼は世田谷出身。
 
杉並で公立校の教員になった時には、
地元世田谷でやってもらいたかったと思いましたが、
またもや他区での取り組みとなってしまって残念です。
 
今春おそらく世田谷区内で保育園最激戦区となってしまったのは
乙武さんの地元用賀ですから、地元用賀でも開設してもらいたいものです。
 
まちの保育園のホームページを見てみると
以前松本さんから伺っていた地域とつながりが感じられる保育園が
具現化されているように見受けられます。
 
風間としては練馬もなじみのある場所でもあるので
選挙が終わった後に行ってみようと思います!
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

週末には、久しぶりにワークショップを開催しました。
 
今回もパパママ向けの子育てに役立つワークショップ。
 
選択理論心理学に基づく講座vol.3でした。
ppmm110305.jpg
 
初めての参加者も多かったのですが、
皆さん楽しみながら受講していました。
 
今回はキャロットタワー3階の市民活動推進コーナーを利用しましたが、
写真奥のパオの部分を子どもスペースにしました。
 
風間は司会をしつつ、子どもの遊び相手になりつつ
時にはワークにも参加しあっという間に時間が過ぎました。
 
3月には6つの講座を開催しますが、
すべて世田谷区の後援イベントとなっています。
 
今週末には、土曜日お昼に別の講師によるママ向け子育て講座を開催し、
日曜日には午前と午後で別の親子参加型ワークショップを開催します。
 
以下詳細をお知らせしますので、
関心ある方は是非ご参加ください!
 
 
────────────────────────────
3/12土PM 育児の為の小さな魔法
 
3/13日AM 世田谷親子ヨガワークショップ
 
3/13日PM 英語絵本の読み聞かせ&英語童謡
 
────────────────────────────
【各イベント詳細】
 
すべて世田谷区後援イベントです! 
────────────────────────────
 
3/12 お母さんが元気になるワークショップ@世田谷
 
【育児の為の小さな魔法】
 
自分自身と対話し、お母さん同士で聴き合って元気になろう!
 
■開催日時:3月12日(土) 13時開場13時半~14時半
 
■開催場所:国士舘大学柴田会館
 
■講   師:大八木智子氏&大久百合子氏(NPO法人ファミリーツリー)
 
■定   員:20名(託児あり:550円)
 
■参 加 費:2,000円(会員1,500円)
 
────────────────────────────
 
3/13 世田谷親子ヨガワークショップ
 
【心と体を動かそう!ハピコミおやこヨガ&トーク】
 
心理学ベースの親子ヨガで心と体を元気にしよう!
 
■開催日時:3月13日(日) 10時開場
 第一部(親子ヨガ):10時半~11時半
 第二部(トーク)  :11時半~12時15分
 
■開催場所:国士舘大学柴田会館
 
■講   師:神谷美奈子氏(ハピコミヨガ開発者)
 
■定   員:20組40名
 
■参 加 費:1,000円(大人1名につき)
────────────────────────────
 
3/13 世田谷親子英語ワークショップ
 
【大人気!英語絵本の読み聞かせ&英語童謡】
 
楽しく親子で耳から英語に慣れ親しもう!
 
■開催日時:3月13日(日) 13時開場13時半~14時半
 
■開催場所:国士舘大学柴田会館
 
■講   師:木原祐子氏(IIEEC認定児童英語講師)
 
■定   員:親子30組
 
■参 加 費:1,000円(親子1組につき)
────────────────────────────
 
お問い合わせやお申込みはこちらから事務局宛てに
メールをしてみてください!
 
子育てイベント応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

今日の朝刊各紙で取り上げられていましたが、
世田谷区選出都議会民主党の花輪智史都議が
昨日会派離脱届を提出しました。
 
ネットでも報じられています。
 
花輪さんは、世田谷民主党の現職都議会議員で
最も政治経験のある人ですから、
世田谷区長選挙の立候補を視野に入れてと報じられています。
 
我々区議のメンバー間にも共有されていることではないので、
真意はわかりませんが、
先日の世田谷区長選説明会に関係者が出席していたということから
区長選に立候補するのだろうと理解しています。
 
しかし、今回の会派離脱という行動から始めた意図は
未だにわかりませんが、
仮に花輪さんが区長になったとしたら、
政策的には共通するところも多いので、
世田谷区政を大きく改善していく可能性も高まるかもしれません。
 
今後の展開にご注目ください!

CATEGORY:未分類
TAGS: |

昨日の保健福祉常任委員会で
定期利用保育の詳細が報告されました。
 
以下が実施する園と受け入れ人数です。
 
・太子堂なごみ 2歳クラスのみ12人
 
・多聞小学校内分園 1歳クラスのみ6人
 
・南台公園内分園 1歳4人、2歳5人
 
・桜丘中学校内分園 1歳4人 2歳5人
 
・用賀なのはな玉川2丁目分園 1歳クラスのみ5人
 
・用賀なのはな深沢分園 1歳2人、2歳3人
 
・用賀中学校内分園 1歳4人、2歳7人
 
・玉川野毛町公園内分園 1歳3人、2歳3人
 
・深沢1丁目分園 2歳クラスのみ6人
 
・グリーンヒル奥沢 2歳クラスのみ6人
 
以上です。
 
1歳計29人、2歳計47人で合計76人ということでした。
 
2次選考もダメだった人向けに
情報と申込用紙が本日発送されます。
 
3月7日から11日までに申込書を持参して希望園に申込をし、
3月14日実施園から抽選発表される予定とのことです。
 
1・2歳でまだ決まっていない方、
1年限りですが、保育園内での生活は基本的に
一緒ですので、アプローチしてみてください!
 
1年前の予算特別委員会で、風間が始めて導入要求した
この制度が1年越しでようやく実現し、
最大で76名という規模ではありますが
待機児童減少につなげることができました。
 
それでもおそらく待機児童はゼロにはなりませんので
引き続き取り組みを進めていかねばなりません。
 
世田谷の待機児童解消に向けてご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

先週に引き続き、
代表質問と答弁の要旨を報告します。
 
【質問】
 
現在、区の外郭団体に再就職している区役所職員OBは
区が把握している限りで何人いるのか?
 
多額の税金が投入されている外郭団体の幹部採用には
公平性・透明性を担保する必要があり、
国が取り組んだような公募とすべきである。
 
世田谷区には現役を引退したマネジメント経験者が多く在住し、
このような方々に外郭団体に関わっていただくことで
区民の区政参加をうながすことができるが見解を問う。
 
 
また、外郭団体に流れる税金については、
4年前から見直しを要求してきたが、
平成21年度と比較し、今年度・来年度予算案においては
それぞれどの程度補助金の削減ができるのか?
 
また今後は外郭団体に流れる税金の見直しにどのように取り組むのか。
 
【答弁】
 
区職員OBの外郭団体への再就職については今年度7名おり、
現在30名が再就職している状況である。
 
各外郭団体の幹部職員登用については
公共的サービスの提供という視点や
世田谷の実情を熟知していることも求められ、
公募、団体内部からの登用、区への推薦依頼などが考えられるが、
いずれにしても団体経営の視点に立つことが重要と認識している。
 
 
平成21年度から平成22年度は、約4億9,200万円、
平成22年度から平成23年度予算案では、約1億7,900万円の削減。
 
NPOや民間企業などを含め、
公共的サービスの担い手が充実してきたなど
外郭団体を取り巻く環境は大きく変化しており、
今後も外郭団体の役割を検証し、
支援・関与の在り方などについても見直しを進める。
 
 
以上です。
 
この分野においては、
我々の要求してきた改善が前進している点もあれば
ほとんど進展していない点もあります。
 
いずれにしてもより一層の改善に努めていかねばなりません。
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |

 

  • 世田谷保育マップ
  • 2011年3月
    « 2月   4月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031