「風間ゆたか」ホームページ > 【世田谷区政】新たなワクチン接種事業の実施

新たなワクチン接種事業の実施について
先日の福祉保健常任委員会で報告がありましたので
ブログにてお知らせします。
 
国が、今年度の補正予算で
「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金」を創設し、
子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌の三つのワクチンを対象に
来年度末まで都道府県に基金を設置し、
区市町村の接種費用の2分の1を助成するとしていました。
 
各区によって、助成金額などが異なるのですが、
世田谷区の取り組みは以下のとおりです。
 
1.子宮頸がん予防ワクチン
  ⇒一部助成し、自己負担額一回あたり5,000円
 
全国で一年間に約8,500人が羅患し、約2,500人が死亡している
ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチン
 
22年度・・・高校一年生相当年齢の女子(16歳)
23年度・・・中学1年~高校1年生相当年齢の女子(13~16歳)
 
区内の指定医療機関において合計3回の接種を行う。
対象となる全員に接種票、説明チラシ、医療機関名簿を送付する。
 
 
2.ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン
 ⇒一部助成し、自己負担額は一回あたり3,000円
 
乳幼児の細菌性髄膜炎や菌血症、
菌血症を伴う肺炎等の羅患や重症化を予防するワクチン
(全国で1年間に、ヒブ髄膜炎は271~452人が羅患し3~6%が死亡、
 肺炎球菌による髄膜炎は142~155人が羅患し2%が死亡)
 
対象は0歳~4歳の乳幼児で、
区内の指定医療機関にて接種を行う。
両ワクチンともに合計4回が標準的な接種方法。
 
 
3.高齢者肺炎球菌ワクチン
 ⇒一部助成し、自己負担額は一回あたり3,000円
 
高齢者の主要死因の上位を占める肺炎を
引き起こす肺炎球菌による感染を予防するワクチン
 
対象は70歳以上で、
区への事前申し込みにより送付される助成券を提出して、
区内の指定医療機関において接種を受ける。
 
以上
 
各自治体によって助成状況が異なるのは、
対象者数や財政状況などによって変わってくるということです。
 
地域主権の時代ですから、こうあるべきと考えますし、
今回の世田谷区の助成に関しては適切であったと考えています。
 
皆さんはどうお考えでしょうか?
ご意見おきかせください!
 
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: |