「風間ゆたか」ホームページ > デフレ宣言の影響
2009年12月2日

菅副総理が事実上の「デフレ宣言」をしたのは約2週間前ですが、
メディアでも大きく取り上げられていました。
年末が近づくにつれて、お金が動きやすくなるこの時期に
デフレ宣言とその報道が及ぼす影響が気になりました。
ボーナスが減少する世帯も多いかもしれませんが、
子どもや孫がいれば、クリスマスプレゼントにお金を使う人も多いでしょうし、
年末年始に向けて、大掃除や正月準備など、年越しの為の消費も
期待できるのではないかと思います。
しかし、こうもデフレデフレとあちらこちらから聞こえてくると
お金を使って良いのだろうか?
と思ってしまう人も多いのではないかと思いました。
風間個人としては、
プレゼントを含め、子どもたちへの投資は極力削減したくないものですが、
最近はお金を使うことによる危機感を抱き初めています。
消費が冷え込み、企業は売上も利益もあがらず、
まさにデフレスパイラルとなっていきます。
政府の2次補正予算は7兆円規模で与党3党が調整中との報道ですが、
経済対策に重きを置いていくようなので、大いに期待したいところです。
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: