「風間ゆたか」ホームページ > 区議会第4回定例会初日の珍事?

今日から世田谷区議会第4回定例会が始まりました。
各会派の代表質問が行われ、
民主党からは副政調会長の中塚さちよ議員が
初の代表質問を担当しました。
掲題の珍事?はこのことではありません。
民主党代表質問の次に岸議員が行った共産党代表質問
に対する区長答弁です。
「(略)・・・岸議員がいわれる住民・区民とはどこを指すのでしょうか?
・・・(中略)・・・賛成の方がいるわけです。
反対の方は共産党に煽られた一部の区民だと・・・」
この発言にはさすがに何人かの議員から、
「暴言だ!」
「撤回せよ!」
との言葉が投げかけられました。
これに対して区長は
「答弁しているのです。・・・答弁やめますか。」
速報版の映像がこちらで確認できます。
(17分ごろからです。)
区長に対する野次で区長が答弁に詰まる様子というのは
これまであまり見たことがなかったので珍事?と表現しました。
その後、再質問でも区長は登壇して答弁しましたが、
結局発言の撤回はしませんでした。
さて、今回の定例会で明らかになった関心事は
来年度の歳入見込みが約140億円減ということでした。
歳入とはお金の入りの事で、不況による税収減が大きな要因ですが、
来年度以降も続くとみられるこの状況下で
区はどのような予算編成をしていくのか?
今後の世田谷区政を左右する重要な問題です。
140億円分の行政サービスを止めるのか?
貯金(基金)を切り崩すのか?
このような状況ですが、
風間が要求し続けてきた保育園整備は来年度も継続し、
今年度と併せて2000は増設すると明確な答弁がありました。
来年度の予算案は年明けの議会で審査することとなります。
どのような予算編成になるのか、是非ご注目下さい。
ご支援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類