「風間ゆたか」ホームページ > 事業仕分けされた「心のノート」

昨日行われた政府の事業仕分けでは、
文部科学省が10億円少々要求した
道徳教育関連予算が取り扱われ、
各メディアで取り上げられていました。
とりわけ、民主党が野党時代に行った事業仕分けで
「廃止」と結論づけた「心のノート」に関しては、
来年度予算の概算要求で全校配布事業を廃止したにもかかわらず、
配布を希望する自治体に財政支援するなど、
狡猾に形を変えて予算要求してることに
厳しい質問が投げかけられていました。
また、仕分け人で元杉並区立和田中学校長の藤原和博さんは
政府主導で心のあり方を誘導するようなやり方を
厳しく糾弾している様子が報じられていました。
藤原さんとは風間が議員になる前から
義務教育に関しての意見交換をしてきたこともあり、
この指摘にはとても共感しました。
以前、世田谷区はこの「心のノート」を活用しているのか
教育委員会に確認したところ、
全校で活用しているとのことでしたので
風間は先月の決算特別委員会で意見を述べました。
録画画像の後半をご覧ください。)
「道」に関する教育は、これまでの道徳のように
机上で文字から学ぶのではなく、
体感・体得していくものだと考えます。
よって、世田谷区議会民主党としては小学校段階から
武道など道育を取り入れるよう要望してきました。
文部科学省も道徳教育予算の要求をするのであれば、
講師料などの助成という形で行えば
もう少し理解が得られたかもしれません。
いずれにしても、道徳教育に関する国の動向と
世田谷区の取組みに引き続き注目していこうと思います。
共感してくれた方はご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類

  • 世田谷保育マップ
  • 2009年11月
    « 10月   12月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30