「風間ゆたか」ホームページ > 大都市では認可保育園の設置基準緩和へ

保育所の整備基準について、
長妻昭厚生労働相が見直しの方針を公表しました。
待機児童問題が解消するまでの一定期間、
東京など大都市部に限り、
最低基準面積を緩和できるよう、
地方自治体の判断に委ねる方向のようです。
保育所の設置基準については、
政府の地方分権改革推進委員会が
第3次勧告で国の義務付けの廃止を要求していました。
これに対しては、「質の低下につながる」との批判も強く、
風間としても全国的に基準設置を地方に委譲することは
問題もあると考えていました。
しかし時限的にしたことと、
大都市の待機児童が多い地域に限定することで
世田谷など土地の確保が難しい待機児童の多い地域にとっては
このような緩和で認可保育所を設置しやすくなります。
世田谷区は保育の質という点で、
これまでかなり慎重な姿勢を堅持してきましたから
基準緩和といっても保育の質が低下するということがないよう
慎重に取り組んでいくことと思われます。
世田谷区においては、多様化する保育サービスの中でも
認可保育園への入園ニーズが圧倒的に高い状況ですから
この基準緩和によって、より多くの希望者が認可保育園に
入れる環境に近づいていくことが期待できます。
引き続き、区にはあらゆる手段を講じて
認可保育園の受入枠増加を求めていきます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: