「風間ゆたか」ホームページ > 東京でも新型インフルエンザは発症か?

新型インフルエンザが国内で広がっていて、
まさにパンデミックという状況です。
関西から東京にやってくるのも時間の問題とはわかっていつつも
もう少し先のことだろうとおもっていたりました。
しかし、世田谷でもマスクはどこも売り切れ。
世田谷区内で生活している限り、マスクを常時している人は
それほど見かけない状況ですから、
警戒心は皆さん高まっているのかと思います。
我が家は、多少新型インフルエンザに対する
警戒感が若干緩んでいたのか長男が突然の発熱となりました。
夕方まで走り回っていたのでさすがに驚き、
まさか新型インフルか?と震えました。
保育園からのガイドラインによると、38度以上の発熱の際には
医者に連れて行く前に発熱相談センターに電話をするように、とのことでした。
17時を過ぎていたので、東京都の発熱相談センターに電話しました。
19時半からかけ始めて、度々電話するものの結局繋がったのは22時半。
途中繋がったものの話をする前にきられてしまったりもしました。
昨日の段階で相当な問い合わせがあったのか
パニックは既に起きていたのだと想像できます。
結局、「7日以内に海外や関西へ行っていない限り、現段階では
新型インフルの可能性は低いので、かかりつけ医にいくように」
というアドバイスのみでおわりました。。
え?
感染者が関東に来ていてウィルスを撒き散らして、
子どもだから早く発症したとか考えられないのですか?
当然質問しましたが、現段階では国内での発症地域は限定的なため
明日になれば状況が変わるかもしれないが、現段階では
そのような答えしかできないとのことでした。
マニュアルどおり、というか
そんなことしか言えないマニュアルでよいのか?
とも思いますが、これで安心した感染者が不用意に
ウィルスを撒き散らすリスクは考えないのか?
と思いました。。
世田谷区もこんな対応なのか?
心配になって、今朝早々に電話で問い合わせました。
言葉遣いの違いだけで、これほど安心感が変わるものかと
実感しましたが、世田谷区の発熱相談センターはとても親切で
安心してかかりつけ医につれていくことができました。
長男に関しては今日37度台に熱が下がったということで
新型インフルエンザの可能性は低いだろうと医者から言われました。
安心したのもつかの間、先ほど東京でも八王子で新型インフルエンザ感染が
確認されたというニュース
が飛び込んできました。
最新の注意を払っていかねばなりません。
みなさまご注意ください。
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類