「風間ゆたか」ホームページ > 世田谷で保育環境改善の陳情が主旨採択

今日は福祉保健常任委員会で、先日紹介した保育環境に関する陳情の審査が行われました。
結論は、全会派一致で主旨採択となりました。
3月の上旬に、今回の認可保育園選考漏れとなった保護者の方々が
ネット上で意見が一致し、意見交換する場に風間も参加したと
ブログ
で報告しましたが、
そこから始まった今回の陳情活動は、結果的に3500名以上の署名が集まり、
委員会でも主旨採択されたということで、保護者達の活動が実を結んだと言えます。
今年の世田谷区の保育園待機児数は本当にひどいものです。
4月の段階で、認可保育園、保育室、保育ママ、認証保育所といった
税金が投入されている保育所に入れなかった子どもの数は実に613名!
昨年4月が335名(都内ワースト)で一昨年4月が249名ですから、
飛躍的な増加ということになります。
風間は1年以上前から、区の計画では待機児解消できないと指摘し
改善を要求してきましたし、先月の議会ではより具体的に緊急対策などを
提言
してきました。
区は緊急対策として、
5月1日から1歳児の枠を区立保育園で41増やした
と報告がありましたが、
待機児数の1割にも満たないわけですから、これで緊急対策終了
ということでは容認できません。
今回の陳情が委員会で主旨採択となった以上、どのように推進していくの
注視していかねばと思っています。
引き続き、保育環境の改善に努めてまいります。
ご支援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: