「風間ゆたか」ホームページ > 待機児童対策で認可外保育所にも補助?

昨日、ニュースなどでチェックした人も多いかもしれませんが、
舛添厚生労働大臣が記者会見で、
待機児童の緊急対策を発表しました。
 「認可外保育所への補助」と「保育ママに関する基準緩和」が
主な内容のようですが、実際に世田谷の待機児解消に繋がるかと考えると
風間としては、それほど前向きに捉えていません。
まず、「認可外保育所への補助」ですが、
「保育士数や設備などが認可保育所と同程度の基準を満たす施設を、
 賃貸物件に開設する場合が対象。」
とあります。
施設改修費や賃貸物件の入居時費用について、3000万円を上限に、
国が2分の1、市区町村が4分の1を補助するのだそうです。
しかし、東京の場合「同程度の基準を満たす施設」というものとして
「認証保育所」がありますので、これを新たに設置しようとしても
行政が関与する為、世田谷の場合はそう簡単ではありません。
実際、全国の待機児童の3割を占めている東京都は、
2月初旬に国に対して、認証保育所の施設整備補助の要望書を提出しています。
この要望書も今回国が提示している緊急対策も
財源は「安心子ども基金」ですから、
都の要望を受けて国が動いたと考えられます。
「保育ママ」については、預かる子供の年齢を、
現行の3歳未満から小学校就学前まで拡大するようですが、
これも世田谷の場合、あまり意味がありません。
認可保育園に入れず、保育ママを必要としているのは
3歳未満を抱える保護者がほとんどであり、
小学校就学前まで拡大してしまうと、その限られた定員に
待機児の多い3歳未満の子どもが入れなくなってしまいます。
否定的な見解ばかりを記しましたが、
早ければ来月から、区でも補助申請の受付が始まるとのことですから、
世田谷区も、この制度を活用して柔軟に申請受付をしていき
少しでも待機児解消に努めなければならないと思います。
その通りと思う方はポチっとお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS: