「風間ゆたか」ホームページ > 部活顧問「教育人材バンク」創設

都教育委員会は、外部の人材を活用して休廃部を防ぐ「教育人材バンク」を創設して、
人材紹介事業に乗り出すことを決めた、というニュースが昨日ありました。
風間自身、中学校時代の野球部で培ったものは、
その後の人生で大きなインパクトがあったと実感しています。
上下関係、厳しい練習、自主練、ポジション争い、結果に対する執着などなど。。。
しかし、都会での部活動は、生徒数の減少やグランドの確保など様々な課題があり、
休廃部に追い込まれるケースが多いという現状。
なんとか今の都会の中学生にも環境整備はしていかねばと思います。。
都教委が、部活の「顧問」という課題に対して
このような対策を講じることには一定の評価ができますが、
またもや第3セクターが行うということで
天下り先を増やすのかと考えると手放しには賛成できません。
しかし、少子化に加えて公立離れや過度の受験対策、グランドの確保など
まだまだ部活に関する課題は山積しています。
これをどのように解決していくのか?
実際に部活顧問の人材バンクがどのようになっていくのか注視しつつ、
世田谷独自の部活動支援もさらに考えていく必要があると思いました。
そのとおり!と思った方はポチっとお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類