「風間ゆたか」ホームページ > 2008年10月

2008年10月を表示しています。

世田谷に関するニュースをチェックしていると
今日はこんな情報を把握しました。
びっくり本舗、民事再生法の適用を申請
安価でお寿司が食べられるということで昔はずいぶんお世話になったびっくり寿司。
確かに風間も最近は全くいかなくなりました。
そんな同世代も多いかもしれませんが、営業不振とのことです。
飲食業界は流行り廃りも早いので、ゴーイングコンサーンを考えるとなかなか困難なことも多いかと思います。
さて、話題を変えて昨日の活動ですが、
定期的に行っている手塚よしお前衆議院議員との夕方の街頭活動。
この日はその前に環七通り沿いのスーパーオオゼキにて街頭活動した後に
通常どおり三軒茶屋栄通り商店街出入口近辺で活動しました。
この様子をフジテレビ取材班が撮影。
お昼のニュースで取り扱うとのことですが、風間も後ろの方で写るかもしれません。
その後、駒沢大学駅に移動し、共にチラシの配布。
10月末ということで、だいぶ肌寒さを感じるようになってきましたが
政権交代に向けての活動は、この国のためにも続けねばと思っています。
見かけたらお声がけいただけると活動のエネルギーが増強しますので
引き続きご支援よろしくお願い致します!

CATEGORY:未分類
2008年10月30日

先日、久々に異業種交流イベントに参加してきました。
場所は夜景の素敵なお台場のマンションのパーティテラス。
誘ってくれたのは、今年の早稲田の受講者でベンチャー企業の社長。
定期的に開催しているそうですが、30人ほどでとても賑わいのある会でした。
風間も友人を誘っての参加でしたが、我々のように友達づれで初参加という人も多く、
ベンチャーやスポーツビジネス関連の人がわりと多い会でした。
久々に意識啓発されたイベントでしたが、
3つの要素の組み合わせが、非日常を演出しているのだと感じました。
・刺激的な人たちとの出会い
・お台場の夜景
・フードコーディネーターアレンジの美味しい料理。
今回の料理のテーマは山形郷土料理とのことでした。
このフードコーディネーターの方とも名刺交換しましたが、同じ年の女性社長。
恵比寿でブリコラージュという会社を経営しているそうですが、イベントでケータリングが必要なときには相談してくださいとのこことでした。
風間も前職の創業期は様々な苦労をしましたが、多くの方に支えられ成長しました。
同級生ということもあり、応援したいと思いました。

CATEGORY:未分類

今朝も地元三軒茶屋で朝の街頭演説を行いました。
ホームグラウンドと言っても過言ではない、南口西側。
保育園のママからも「最近朝見かけないわね」
と指摘されていたのですが、
駒沢大学駅で行う機会が増えており、
実際にホームで行うのは久しぶりでした。
1時間強行う中で、通常であれば区政報告が中心ですが、
ここ最近は「政権交代」を訴えかける演説の比重が多くなってきています。
今日は
「保育園の運動会で見かけましたよ。頑張ってください。」
と初めて声をかえてくれた方もいました。
今朝は天気も良かったし、エネルギーが増強します。
さて、その後、会派の会議の休憩時にメールチェックをすると、
昨日のブログを見た知人からこんなメッセージがきました。
*********************************
今週はたまたまNYに居ます。
大統領選直前のアメリカのTV番組は
どのニュースチャンネルも選挙戦番組の嵐。
教育格差・地域格差による感度の違いあるけれど、
「政権交代」に高い関心を持つお国柄に
日本にはない情熱を感じました。
「やっぱり民主主義を勝ち取ったり
切り開いているお国柄の違いだな」
なんて思いつつ。
民主党さんぜひがんばってください。
*****************************
風間は早速返信をしました。
「そのエネルギーを是非たくさんの日本の人たちに
届けてください!」と。
後期高齢者医療制度も障害者自立支援法も
天下り問題も道路特定財源の問題も
根本から変えていくには政権交代が必要です。
引き続きご支援のほどよろしくお願い致します!

CATEGORY:未分類

今日の午前中、ついに日経平均が7000円割れしてしまいました。
先日の7200円割れした際の麻生首相のコメントは
「一喜一憂するつもりはない」
ということでしたが、26年ぶりのこの低水準でもでしょうか?
日経ビジネス 2008年10月27日号8ページには、今の自民党の危機感の欠如と
民主党の対応の早さが記載されていました。
NY株式市場のダウが史上最大の大暴落5日後、ポロシャツ姿でゴルフレッスンを受けていた麻生首相。2001年に森喜朗元総理が退陣に追い込まれたのも首相が危機感欠如でゴルフに興じていた。そんな内容が記載されています。
日経ビジネスオンラインでも無料登録すれば確認できますので是非ご覧ください。
一方、民主党はリーマン破綻翌日に金融対策チームを早々に立ち上げ、政策をまとめあげたわけです。
世界同時株安となっている現状下、小手先の景気対策よりも政権交代により、全世界の注目・期待を集めた方がよほど効果的なのではないかとさえ考えます。
どうやら解散総選挙は年をあけてからという流れのようですが、一刻も早く総選挙を行い、政権交代を実現させたいところです。

CATEGORY:未分類

hw1.JPG
昨日の午後、息子達は保育園のお友達に声をかけられて、ハロウィンイベントに参加。
息子達は初めてのイベントに参加前から大興奮。
長男は最近関心の高いウルトラマン?に仮装。
次男はわけわからない様子でかぼちゃの衣装を身につけていました。

(さらに…)

CATEGORY:未分類
TAGS:

iryo2.JPG
今日は午前中に経堂のパクチーハウス東京に家族4人で行ってきました。
先日告知した子どもの医療勉強会に参加する為です。
十数組の家族が参加していました。

(さらに…)

CATEGORY:未分類
TAGS:
2008年10月25日

tenpura.JPG
連日のように食の安全を脅かす報道がなされています。
ついに身近なウィンナーまで大量に回収するとのこと。
多少は摂取してしまっているからと、危機感が麻痺してきている人も増えてきているような気がします。
しかし、やはり人体に害となるものは極力避けたいところですし、子どもを育てていく上では
より一層注意を払いたいところなので、自衛せねばならないところです。
ということで、我が家は基本的に国産食材で極力無添加となるよう手作りの食卓を心がけており、
子どもたちには食育の第一段階として幼少期に味覚を育もうと思ってます。
今晩は久々にてんぷら祭でした。
日中、友人家族が我が家を訪問してくれた際、今朝築地で仕入れてきたという「ししゃも」をお土産にくれました。 (ちなみにそのお礼に保育園の相談にのりました。)
この「ししゃも」をメインに、「春菊」「まいたけ」「レンコン」「さつまいも」に「たまねぎ」と野菜中心の食事。
天つゆも市販のものは使わず、干ししいたけとかつおで出汁をとったものに、無添加のしょうゆ・みりん・酒で味を整えました。
主食は、おそばにとろろ。
大和芋は先日実家の方で大量購入した泥つきのもの、そばは生麺を使用。そばつゆも同様に自家製です。
食べることは生きることの基本ですから、しっかり自衛して食の安全を確保しつつ幸福な食卓を維持していきたいものです。
食育大切だねという方は是非これをポチっと押してください。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

先ほど報道番組で公園遊具での転落事故調査について取り上げられていました。
滑り台の階段わずか3段目(約1m)からの転落で、頭蓋骨骨折となった事故についての検証の様子が報じられていましたが、遊具の設置面が基礎のコンクリートむき出しになっていることで、骨折リスクが16倍になるとのことでした。
世田谷の公園状況はどうなのか?
早速、役所の担当課に確認しました。
今年6月に国からの通達もあり、一斉点検したとのこと。
基礎(コンクリート)は埋め込みを基本としているので、むき出しになっている公園はないようです。
しかし、雨や使用状況などで土が削られてしまうこともあるので月に一度は職員が循環点検しているそうです。
ほっと一安心。
我が家も長男が2歳半の頃、公園遊具のはしごを踏み外して足が引っかかり、真っ逆さまに脳天から落下しました。
幸い下は砂場だったので、「大泣き」ですみましたが、これがコンクリートだったらと思うとぞっとします。
欧米では遊具周辺地面はラバーが当たり前とのこと。
国内でも時折そのような公園を目にしますが、予算面などの課題があり自治体としてはなかなか進まないようです。
世田谷区においては、来年度予算編成に向けて、担当課としてはかなりの金額を予算要望しているとのことで現在査定中のようです。
このような子どもの安全対策には予防型行政世田谷としてしっかりと予算をつけて行ってもらいたいと思います。
遊具の安全確保を望む方は是非これをポチっと押してください。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

年間6000人以上の子どもが生まれている世田谷区。
ついに今春の保育園待機児数は都内トップになってしまい、 雑誌などにもそのことが載っているようです。
来春4月に仕事復帰したいと考えているお母さんもたくさんいることでしょうし、なんとしても認可保育園に入れないとと思っている人もかなりいるのではないかと感じます。
今週になって、急に相談にのる機会が増えました。
ネット上でも様々な情報が飛び交う昨今。
どの情報を信じてよいのかわからないし、役所もとおりいっぺんの答えしかくれない。
ネットを通じて区議に 相談できるのならとメッセージをくれる人も何人かいます。
昨年相談にのった方のご友人の紹介でという人もいました。
風間としても共働き世帯の支援は自分のミッションであると考えているし、
ご縁のあった方の力になりたいと思っているので、
役所から公開している情報を詳細に確認し、わかりやすくお伝えすることからはじめ、
個別のニーズに応じた相談になったりしました。
風間がお手伝いできることには当然限りがありますが
少しでも育児休暇後の復帰を考える方々の力になれればと思います。
フルタイム正社員で復帰する予定の保護者が
子どもを認可保育園に入れることができない環境だとすると
それは行政の課題だと思うし、改善していかねばなりません。
引き続き保育問題は最注力テーマとして、
役所には保育園枠の増加を要求し続けることも引き続きおこないつつ
区民の方々の相談にのっていこうと思います。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:
2008年10月22日

7月からはじめました来年度の予算要望書づくり。
大部分は8月中に完成させていましたが、それに基づいて第3回定例会では質問もしていきました。
いよいよ今月提出ということで、最終確認をし、昨日提出をしました。
要望が文章で書き連ねられている従来の形式ではなく、昨年に引き続き、表形式で予算額も記載したものとしました。
この詳細に関しては、後ほどこのホームページでも掲載していこうと思いますが、文章に関しては政調会長としてドラフトを作成するところから携わったので以下に紹介しておきます。
平成21年度 民主党・無所属連合 予算要望書
【はじめに】
 約84万人という23区最大の人口を要する世田谷区においては、他の自治体の規範となるべきであり、貴重な税金を原資に運営している行政組織である以上、自らを様々な角度から点検し、区民の目線で行政運営をしていかねばなりません。
 昨年より続く原油高や、食料などの価格高騰は産業界だけではなく、区民生活に多大なる影響を及ぼしております。このように区民が厳しい生活を強いられている状況において、予算の中心もこれまでのような土木中心から区民生活重視に移行していかねばなりません。
 この度、我が会派は多くの区民の期待に応えるべく、責任ある会派として、より一層区民目線で要望書を作成しました。
 昨年同様に文章で列挙するだけでなく、要望項目を一覧表に記し、より精緻に各事業の概算額を記入しました。また、歳出削減項目に歳入増項目を追加し、確保した財源をもって、新たな予算を要望することとしました。
 世田谷区においてはこれらの状況を踏まえた上で、我々会派の要望事項を真摯に受け止め具体的な政策として予算化し、実行することを強く望むものであります。
【 歳入増・歳出削減による財政改革】
 まずは、我々議員自身から襟を正すべきであり議会改革によるコスト削減は引き続き積極的に取組んでいきます。その上で、昨年同様、入札制度改革や外郭団体を含めた組織改革などを実践することにより、行政におけるムダなコストをカットすることを要望します。また、来年度は基金の積極運用や滞納税の徴収強化などによる歳入増もより注力することを要望したうえで、次のような予算を要望します。
【 平成21年度予算に反映すべき最重点項目】
①「チルドレン・ファースト」の社会の実現にむけて
 昨年要望した保育環境の充実や教育環境の改善に加え、少子化対策全般に注力することを要望します。
 まず、不妊治療の補助や出産費用の助成など安心して子どもを産み育てる環境整備を求めます。
 次に、子どもが育つ環境改善という観点から、子どもを育てることに従事する人達の待遇改善を求めます。また、教育においてはこれからの時代を生きていく上で必要となる教育に予算を確保することを求めます。
②「低負担高満足」の福祉サービスの構築
 引き続き、高齢者と障害者に対する福祉サービスを充実させていくことに加え、産科小児科をはじめとする地域医療の充実に繋がる予算措置を求めます。
 まずはそれぞれの実態を区は詳細に把握できるよう調査し、生活が困難となっている高齢者や障害者、その家族など福祉を必要とする人々が、自分らしく満足できる暮らしを実現できるよう、予算を確保することを求めます。さらに、健康な高齢者がその健康を維持できるよう積極的に支援していくことも求めます。
③いつまでも安心してくらせる世田谷の実現
 まずは安心して安全に暮らせる世田谷を実現するために、防犯防災に関する新たな取組みに予算措置を求めます。
 そして、NPOや地域住民が一体となって、区民主体の「自治」確立できるよう、出張所改革やまちづくりの抜本的な見直しを求めます。
 さらに、いつまでもこの地域で暮らせるよう環境対策として、自転車利用の促進やCO2削減の為の取組みに予算措置を求めます。
以上

CATEGORY:未分類

今週末のことですが、経堂で友人がこんなイベントを開催します。
風間も参加しようと思っています。
あと若干あきがあるとのことなので、関心ある方、是非どうぞ!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
女医さんに何でも聞いちゃおう! 子どもの病気
*日時 10月26日(日) 10時-11時半くらい
*場所:パクチーハウス東京 (経堂 農大通り)
*料金 1,500円 ワンドリンク付き     (ペア参加 2500円)
*主催 まちとこ出版社
*共催 「知ろう!小児医療 守ろう!子ども達」の会
*参加 親子15組程度
*講師 佐山圭子先生(まつしま病院健診担当小児科医)
*申込み info@machitoco.com/ 090-9849-2378
知ってるようで実はちゃんと、知らない子供の病気やけがのときのケア。
経堂の人気カフェ・レストランで小児科の先生を囲んで
一度、きちんと学んでみませんか?ご自身も3人のママでもある女医さんに、
普段の診療時にはなかなか聞けない、ホームケアや医者に行くときの
見極め、予防接取・・などのお話をうかがいます。
おいしいハーブティを飲みながら、少人数でアットホームな会を予定しています。
「いざ」というときのママの不安や心配も少しは減るはずですよ。
今回、協力の『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会は
~お母さんの不安を減らしたい。そして、子ども達が本当に必要なときに
必要な医療をうけることができるように。医師の負担も軽くしたい~
を目標に、ママたちが手作りで活動中の団体です。
我が子のいつもと違う、何か変、という子どものサインを見逃さないで、
様子がおかしいとき・心配なときには、すぐに受診を!
そしてそんなときに診察してくださる先生が心身ともに
疲弊しきった状態でないように、そのために、本当に不必要な受診は
やめようという呼びかけを行っています。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:
2008年10月20日

daidoge2.JPG
週末は区内各所で様々なイベントがありました。
昨日はスポーツまつりから帰ってきたあと、
地元三茶で行われている大道芸を買い物がてら見物にいってきました。
最初の写真は、駅と我が家をつなぐ栄通り商店街を通ったときのこと。
障害を抱えた車椅子のアーティスト。
自転車トレーラーに乗っている息子達も驚きながら凝視してました。

(さらに…)

CATEGORY:未分類
2008年10月19日

spo1.JPG
今日は世田谷区の区民スポーツまつりに家族で行ってきました。
昨年行くことができなかったので初参加となります。
主なる目的はどんなものかを把握することでしたが、
家族サービスという点では、子ども達に「ウルトラマンレオショー」を見せてあげようという目論みでした。
spo2.JPG
写真は、1歳の次男がレオと握手をする様子。
彼はきょとんとしてましたが、3歳の長男は大興奮でした。
全体的に子連れ参加が多いように感じました。
未就学児が楽しめるものもいくつかあり、
最初の写真のように
長男は軟球をはじめて投球しスピードを計測することができました。
spo3.JPG
この写真はエアートランポリンの中で飛び跳ねる様子。
二人ともかなり満喫したようでした。
小学生低学年あたりだと様々な競技を体験できるまさにスポーツの祭典というイベント。
たくさんの方々のサポートで成り立っている様子が伺えました。
ボランティアの方々、お疲れ様でした。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

sodaihonjo.JPG
今日は母校早稲田大学本庄高等学院のホームカミングデーに参加してきました。
早稲田大学の2つ目の付属高校として早稲田大学100周年に開校し、早大本庄と呼ばれています。
風間はここの7期生。
ちなみに風間を区議候補者として声をかけてくれた手塚よしお前衆議院議員は母校の1期生です。
入学試験なく基本的に全卒業生が大学入学できる完全な付属高校は練馬にある早大学院と早大本庄の2校だけで、高校の時から校歌は「都の西北」。(早稲田実業と早稲田高校は係属校なので異なります。)
開校25周年となった昨年、同窓会が発足し、今回初めて同窓会が主体となって開催したホームカミングデーとのことでした。
風間にとっては、帰省を兼ねてということになるのでさほどの負担感もありませんが、多くの卒業生にとっては、新幹線や高速を使っても都心から1時間弱かかる埼玉と群馬の県境地域まで足を運ぶというのは大変なことかもしれません。
風間は家族を連れて、大久保山の頂上にある校舎へ。
試験前の土曜日午後ということで、閑散としてましたが、女子高生がちらほら。
多くの卒業生にとっては、あの校舎に女子高生がいること自体想像できないことです。
男女共学となって2年目。
女子は放課後グループで居残って試験勉強するそうです。
これも男子校時代には考えられないこと。
そして、会場である食堂に向かっていくと、校舎から風間実父がでてきて子どもたちは大騒ぎでした。
本庄のおじいちゃ~んと。
父はまだ現役教員なので仕事中でした。
ホームカミングデーには教え子達もくるので顔をだすとのこと。
25年間毎年250人弱のの卒業生を輩出してきたわけですから、既に6000人以上が卒業しているということになります。
オープニングメンバーとしてこの高校に携わってきた父としても、懐かしい顔ぶれを目にすることは楽しみのようでした。
しかし、残念ながらホームカミングデーに出席していた卒業生は30名ほど。
風間は、野球部の先輩で初代主将の山辺同窓会長と、風間の選挙も応援してくれた地元本庄市の吉田市長(2期生)と、顔見知りの先生達にそれぞれご挨拶してきました。
参加者は1期生がもっとも多いようでしたが、そろそろ子どもの高校受験という先輩は父に入試相談などしていました。
初期に入学した卒業生にとっては自分達が築いてきた校風ということもあり、愛着はより一層強いと思います。子どもを是非母校にと思う気持ちは共感できます。
風間も祖父の代から早稲田なので、4代目となる息子達に早稲田への興味喚起をスタートさせるよい機会となりました。

CATEGORY:未分類
2008年10月17日

およそ1ヶ月の会期で行った区議会第3回定例会が本日終了しました。
最終日の今日は5つの決算認定と4つの議員提出議案が審議されました。
5つの決算とはH19年度の一般会計決算と4つの特別会計決算のことで、約半月かけて決算特別委員会で審議してきました。
風間が当選前に認定された予算ですが、執行状況に関しては大方納得のいく説明があった為、
民主党無所属連合としては、5つの決算認定に関して賛成の立場をとりました。
議会としても賛成多数で認定となりました。
議員提出議案については以下の4つでした。
1)世田谷区就学援助条例
2)日本映画への字幕付与を求める意見書
3)地方公会計制度改革の推進に関する意見書
4)オウム真理教(「アレフ」及び「ひかりの輪」)に対する公安調査庁による観察処分の期間更新及び無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律の存続・強化を求める意見書
我々民主連としては1)に関して先日報告したとおり反対、その他3つは賛成しました。
また、議会としての結果も同様に1)は否決、その他3つは可決となりました。
議会終了後、会派メンバーで会議を行い、その後何人かで納会に行き労をねぎらいました。

CATEGORY:未分類

小中学校の適正配置について
【テーマ解説】
世田谷区内の小中学校は地域によって、規模が全く異なるのが現状。
区東部は小規模化が進み、各学年1クラスしかない学校もいくつかある一方で、
区西部は大規模化で教室不足が懸念されるような学校存在する。
子どもへの教育的弊害を考えると統廃合や学区域変更などが必要だが、
これまで遅々として進展しない状況である。
【質問&答弁要旨】
Q1:先日、文教常任委員会にて、区立小中学校の適正規模化・適正配置に
   向けた今後の具体的な取組みの方策について素案が報告されたが、
   様々な課題がある中、何を優先課題と認識して作ったのか?
A1:今後5年間を見通した第1ステップでは、中学校が教科担当制を
   とっていることもあり、教員の配置とともに部活動の活性化の面からも
   適正規模化を図る意義がより大きいと考え具体的方策を提起した。
Q2:小規模小学校の問題はこれまで何度も指摘してきたが、
   小規模小学校の通学区域変更や統廃合にはなぜ着手しないのか?
A2:小規模小学校に関しては、児童・生徒数の動向を注視しながら、
   現状把握や学校関係者との協議などを行い、今後のあり方について、
   通学区域等を含め引き続き検討していく。
【質問全文】
 先日、文教常任委員会にて、区立小中学校の適正規模化・適正配置に向けた今後の具体的な取組みの方策について素案が報告されましたが、学校の小規模化や大規模化など様々な課題がある中、区教委は何を優先課題と認識してこのようなものを作ったのでしょうか?
 配布された資料の中のパブリックコメントでも通学区域の見直しや統廃合は慎重にとの意見がありますが、一義的には飽くまでも次代を担う子ども達が学ぶ為のものであるはずです。
 小規模小学校に関する問題・課題についてはこれまで何度も指摘してきましたが、教委は課題と認識しつつもなんらてこ入れする様子がみられません。今回は小規模小学校の通学区域変更や統廃合にはなぜ着手しないのでしょうか?区教委はいつまでこの問題を先延ばしにするつもりでしょうか?
 先延ばしを続けることにより、問題が解決されないまま子ども達はどんどん卒業していきます。指定校変更も制限が強化され、小規模小学校は子どもの育成上避けたいという家庭には、私立にいくか引越せということなのでしょうか?見解を問います。

CATEGORY:未分類

就学前教育の確立について
【テーマ解説】
日本では幼稚園(文部科学省)と保育園(厚生労働省)で所管が異なるため、カリキュラムなどの基準が統一されていないのが現状。
世田谷区においても、区立幼稚園は教育委員会、私立幼稚園と保育施設は区長部局(こども部)と幼保障壁がある。
【質問&答弁要旨】
Q1:PISA調査でトップのフィンランドが進めるエシコウルのように、
   世田谷独自の就学前児童向けカリキュラムを構築していくことが
   必要だと考えるが区教委のお見解は?
A1:現在、区立幼稚園においては、世田谷独自の教育活動として
   「美しい日本語を世田谷から」に基づき、取組んでいる。
Q2:区立幼稚園だけの実施に留まらず、保育園や私立幼稚園にも
   取り入れていけるように、保育士・私立幼稚園教員への研修提供や
   区内外への広報活動が重要となると考えるが、区教委の見解は?
A2:区教育委員会としては、就学前教育の充実を目指し、
   幼児教育研究室を設置しており、幼児教育の充実に向け、
   研修・研究に取組んでいる。
【質問全文】
 「せたがやで育てる世界にはばたく子どもたち」という教育ビジョンを掲げている以上、教育委員会は常に世界に目を向けていなければなりません。
 OECDのPISA調査でトップになったフィンランドの教育に関しては、全世界が注目しており、私もこれまで研究してきたところですが、先日フィンランドの子育て関連のシンポジウムに参加し、参考にすべきは就学前教育だと改めて確認しました。
 先進国では情報化社会が進展し、就学前児童への脳への刺激も変化してきているわけですから、彼らへの教育に関しては内容や時期も時代の変化に対応していかねばなりません。しかし、この国は幼保の障壁が依然としてあるからか、就学前児童に対する教育の質は担保されていない状況であり、東京で最も子育てしやすいまちを目指す世田谷としては、自治体独自での取組みが必要と考えます。
 そこで質問です。フィンランドのエシコウルのように、世田谷独自の就学前児童向けカリキュラムを構築していくことはできないでしょうか?特にこの時期における母国語の教育はとても重要ですから、小中学校で取組む日本語教育という独自性をまさに活かすことができるのではないかと考えますが区の見解を問います。
 また、これらが区立幼稚園だけでの実施となると、対象児童の2割にも満たないわけであり、保育園や私立幼稚園でも取り入れていけるように保育士・私立教員への研修提供や区内外への広報活動が重要と考えますがあわせて区の見解をお聞かせください。

CATEGORY:未分類

今日は決算特別委員会の最終日。
補充の質疑と態度表明がありました。
風間は今日も質問担当日。
以下の内容を質問しました。
●清掃・リサイクルの決議について
●区職員のコミュニケーション育成について
●区の問い合わせ対応について
●ホームページの更新について
●住民説明会のスタンスについて
●東京育成園での事故のその後について
●保育室支援について
●産前産後のサービス見直しについて
●病児保育施設について
●子どもの健診や予防接種の改善について
●区長のカラケン参加について
最終日の会派のトリでもあったので、懸念している個別の各項目を確認していきました。
質疑応答の要旨は今後紹介していく予定ですが、その様子が
区議会ホームページでもビデオ公開されていますので、
是非ご覧下さい。

CATEGORY:未分類
2008年10月13日

3連休で今日だけは完全オフだったので、午前中から家族で自転車に乗り、
自由が丘の女神祭りにいってきました。
自由が丘は世田谷区と目黒区の区界。
地域全体でのお祭りということで、どのように運営されているのか関心がありました。
街中がすごい人でした。
当然子連れも多く、、子ども向けのジャンボスライダーは結局いついっても90分待ちで長蛇の列。
炎天下に子ども連れで並ばせるのではなく、整理券などで管理すればよいのにと思いました。
食事は商店街本部の近くの椅子を確保したのですが、分煙地域という看板があるにも関わらず
なんら配慮なく喫煙する本部の人たちにも問題を感じました。
それ以外はおいしい食事と活気あるお祭りを満喫してきたのですが、これだけ子連れ参加が多いのだから、子ども目線をもって運営してほしいものだと思いました。
そうだよねと思う方は是非これをポチっと押してください。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類

このところ毎週末、手塚事務所選対会議&桃太郎ポスティングをしています。
今日も連休の中日でしたが、都立大学駅から緑ヶ丘駅にかけて1時間半ほど行いました。
今日は2人一組でおこなうポスティング担当となり、せっせとポスティングしていると、パートナーが声をかけてきました。
「この豪邸の表札●●となっていますが、あの人のお宅でしょうかねえ?」
風間も土地勘があまりない地域なので知りませんでしたが、確かに珍しい苗字のプロ野球関係者の名前です。
「どうだろうねえ?」といいながらプレス民主の号外チラシを投函しようと門に近づくと、中から人が出てきて驚きました。
そのプロ野球関係者本人ではありませんでしたが、これまた最近テレビで度々目にするようになった家族の方でした。
「こんにちは」と日常的な挨拶をして立ち去りましたが、
この東京都第5区(世田谷南部と目黒区全域)にはこのような豪邸も多く、著名人もかなり在住されています。
このような方々にも期待して頂き、支持してもらうことが重要だと感じつつ活動し続けました。

CATEGORY:未分類

古い記事 

  • 世田谷保育マップ
  • 2008年10月
    « 9月   11月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031