「風間ゆたか」ホームページ > 2008年10月

2008年10月を表示しています。

世田谷に関するニュースをチェックしていると
今日はこんな情報を把握しました。
びっくり本舗、民事再生法の適用を申請
安価でお寿司が食べられるということで昔はずいぶんお世話になったびっくり寿司。
確かに風間も最近は全くいかなくなりました。
そんな同世代も多いかもしれませんが、営業不振とのことです。
飲食業界は流行り廃りも早いので、ゴーイングコンサーンを考えるとなかなか困難なことも多いかと思います。
さて、話題を変えて昨日の活動ですが、
定期的に行っている手塚よしお前衆議院議員との夕方の街頭活動。
この日はその前に環七通り沿いのスーパーオオゼキにて街頭活動した後に
通常どおり三軒茶屋栄通り商店街出入口近辺で活動しました。
この様子をフジテレビ取材班が撮影。
お昼のニュースで取り扱うとのことですが、風間も後ろの方で写るかもしれません。
その後、駒沢大学駅に移動し、共にチラシの配布。
10月末ということで、だいぶ肌寒さを感じるようになってきましたが
政権交代に向けての活動は、この国のためにも続けねばと思っています。
見かけたらお声がけいただけると活動のエネルギーが増強しますので
引き続きご支援よろしくお願い致します!

CATEGORY:未分類
2008年10月30日

先日、久々に異業種交流イベントに参加してきました。
場所は夜景の素敵なお台場のマンションのパーティテラス。
誘ってくれたのは、今年の早稲田の受講者でベンチャー企業の社長。
定期的に開催しているそうですが、30人ほどでとても賑わいのある会でした。
風間も友人を誘っての参加でしたが、我々のように友達づれで初参加という人も多く、
ベンチャーやスポーツビジネス関連の人がわりと多い会でした。
久々に意識啓発されたイベントでしたが、
3つの要素の組み合わせが、非日常を演出しているのだと感じました。
・刺激的な人たちとの出会い
・お台場の夜景
・フードコーディネーターアレンジの美味しい料理。
今回の料理のテーマは山形郷土料理とのことでした。
このフードコーディネーターの方とも名刺交換しましたが、同じ年の女性社長。
恵比寿でブリコラージュという会社を経営しているそうですが、イベントでケータリングが必要なときには相談してくださいとのこことでした。
風間も前職の創業期は様々な苦労をしましたが、多くの方に支えられ成長しました。
同級生ということもあり、応援したいと思いました。

CATEGORY:未分類

今朝も地元三軒茶屋で朝の街頭演説を行いました。
ホームグラウンドと言っても過言ではない、南口西側。
保育園のママからも「最近朝見かけないわね」
と指摘されていたのですが、
駒沢大学駅で行う機会が増えており、
実際にホームで行うのは久しぶりでした。
1時間強行う中で、通常であれば区政報告が中心ですが、
ここ最近は「政権交代」を訴えかける演説の比重が多くなってきています。
今日は
「保育園の運動会で見かけましたよ。頑張ってください。」
と初めて声をかえてくれた方もいました。
今朝は天気も良かったし、エネルギーが増強します。
さて、その後、会派の会議の休憩時にメールチェックをすると、
昨日のブログを見た知人からこんなメッセージがきました。
*********************************
今週はたまたまNYに居ます。
大統領選直前のアメリカのTV番組は
どのニュースチャンネルも選挙戦番組の嵐。
教育格差・地域格差による感度の違いあるけれど、
「政権交代」に高い関心を持つお国柄に
日本にはない情熱を感じました。
「やっぱり民主主義を勝ち取ったり
切り開いているお国柄の違いだな」
なんて思いつつ。
民主党さんぜひがんばってください。
*****************************
風間は早速返信をしました。
「そのエネルギーを是非たくさんの日本の人たちに
届けてください!」と。
後期高齢者医療制度も障害者自立支援法も
天下り問題も道路特定財源の問題も
根本から変えていくには政権交代が必要です。
引き続きご支援のほどよろしくお願い致します!

CATEGORY:未分類

今日の午前中、ついに日経平均が7000円割れしてしまいました。
先日の7200円割れした際の麻生首相のコメントは
「一喜一憂するつもりはない」
ということでしたが、26年ぶりのこの低水準でもでしょうか?
日経ビジネス 2008年10月27日号8ページには、今の自民党の危機感の欠如と
民主党の対応の早さが記載されていました。
NY株式市場のダウが史上最大の大暴落5日後、ポロシャツ姿でゴルフレッスンを受けていた麻生首相。2001年に森喜朗元総理が退陣に追い込まれたのも首相が危機感欠如でゴルフに興じていた。そんな内容が記載されています。
日経ビジネスオンラインでも無料登録すれば確認できますので是非ご覧ください。
一方、民主党はリーマン破綻翌日に金融対策チームを早々に立ち上げ、政策をまとめあげたわけです。
世界同時株安となっている現状下、小手先の景気対策よりも政権交代により、全世界の注目・期待を集めた方がよほど効果的なのではないかとさえ考えます。
どうやら解散総選挙は年をあけてからという流れのようですが、一刻も早く総選挙を行い、政権交代を実現させたいところです。

CATEGORY:未分類

hw1.JPG
昨日の午後、息子達は保育園のお友達に声をかけられて、ハロウィンイベントに参加。
息子達は初めてのイベントに参加前から大興奮。
長男は最近関心の高いウルトラマン?に仮装。
次男はわけわからない様子でかぼちゃの衣装を身につけていました。

(続きを読む…)

CATEGORY:未分類
TAGS:

iryo2.JPG
今日は午前中に経堂のパクチーハウス東京に家族4人で行ってきました。
先日告知した子どもの医療勉強会に参加する為です。
十数組の家族が参加していました。

(続きを読む…)

CATEGORY:未分類
TAGS:
2008年10月25日

tenpura.JPG
連日のように食の安全を脅かす報道がなされています。
ついに身近なウィンナーまで大量に回収するとのこと。
多少は摂取してしまっているからと、危機感が麻痺してきている人も増えてきているような気がします。
しかし、やはり人体に害となるものは極力避けたいところですし、子どもを育てていく上では
より一層注意を払いたいところなので、自衛せねばならないところです。
ということで、我が家は基本的に国産食材で極力無添加となるよう手作りの食卓を心がけており、
子どもたちには食育の第一段階として幼少期に味覚を育もうと思ってます。
今晩は久々にてんぷら祭でした。
日中、友人家族が我が家を訪問してくれた際、今朝築地で仕入れてきたという「ししゃも」をお土産にくれました。 (ちなみにそのお礼に保育園の相談にのりました。)
この「ししゃも」をメインに、「春菊」「まいたけ」「レンコン」「さつまいも」に「たまねぎ」と野菜中心の食事。
天つゆも市販のものは使わず、干ししいたけとかつおで出汁をとったものに、無添加のしょうゆ・みりん・酒で味を整えました。
主食は、おそばにとろろ。
大和芋は先日実家の方で大量購入した泥つきのもの、そばは生麺を使用。そばつゆも同様に自家製です。
食べることは生きることの基本ですから、しっかり自衛して食の安全を確保しつつ幸福な食卓を維持していきたいものです。
食育大切だねという方は是非これをポチっと押してください。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

先ほど報道番組で公園遊具での転落事故調査について取り上げられていました。
滑り台の階段わずか3段目(約1m)からの転落で、頭蓋骨骨折となった事故についての検証の様子が報じられていましたが、遊具の設置面が基礎のコンクリートむき出しになっていることで、骨折リスクが16倍になるとのことでした。
世田谷の公園状況はどうなのか?
早速、役所の担当課に確認しました。
今年6月に国からの通達もあり、一斉点検したとのこと。
基礎(コンクリート)は埋め込みを基本としているので、むき出しになっている公園はないようです。
しかし、雨や使用状況などで土が削られてしまうこともあるので月に一度は職員が循環点検しているそうです。
ほっと一安心。
我が家も長男が2歳半の頃、公園遊具のはしごを踏み外して足が引っかかり、真っ逆さまに脳天から落下しました。
幸い下は砂場だったので、「大泣き」ですみましたが、これがコンクリートだったらと思うとぞっとします。
欧米では遊具周辺地面はラバーが当たり前とのこと。
国内でも時折そのような公園を目にしますが、予算面などの課題があり自治体としてはなかなか進まないようです。
世田谷区においては、来年度予算編成に向けて、担当課としてはかなりの金額を予算要望しているとのことで現在査定中のようです。
このような子どもの安全対策には予防型行政世田谷としてしっかりと予算をつけて行ってもらいたいと思います。
遊具の安全確保を望む方は是非これをポチっと押してください。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:

年間6000人以上の子どもが生まれている世田谷区。
ついに今春の保育園待機児数は都内トップになってしまい、 雑誌などにもそのことが載っているようです。
来春4月に仕事復帰したいと考えているお母さんもたくさんいることでしょうし、なんとしても認可保育園に入れないとと思っている人もかなりいるのではないかと感じます。
今週になって、急に相談にのる機会が増えました。
ネット上でも様々な情報が飛び交う昨今。
どの情報を信じてよいのかわからないし、役所もとおりいっぺんの答えしかくれない。
ネットを通じて区議に 相談できるのならとメッセージをくれる人も何人かいます。
昨年相談にのった方のご友人の紹介でという人もいました。
風間としても共働き世帯の支援は自分のミッションであると考えているし、
ご縁のあった方の力になりたいと思っているので、
役所から公開している情報を詳細に確認し、わかりやすくお伝えすることからはじめ、
個別のニーズに応じた相談になったりしました。
風間がお手伝いできることには当然限りがありますが
少しでも育児休暇後の復帰を考える方々の力になれればと思います。
フルタイム正社員で復帰する予定の保護者が
子どもを認可保育園に入れることができない環境だとすると
それは行政の課題だと思うし、改善していかねばなりません。
引き続き保育問題は最注力テーマとして、
役所には保育園枠の増加を要求し続けることも引き続きおこないつつ
区民の方々の相談にのっていこうと思います。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

CATEGORY:未分類
TAGS:
2008年10月22日

7月からはじめました来年度の予算要望書づくり。
大部分は8月中に完成させていましたが、それに基づいて第3回定例会では質問もしていきました。
いよいよ今月提出ということで、最終確認をし、昨日提出をしました。
要望が文章で書き連ねられている従来の形式ではなく、昨年に引き続き、表形式で予算額も記載したものとしました。
この詳細に関しては、後ほどこのホームページでも掲載していこうと思いますが、文章に関しては政調会長としてドラフトを作成するところから携わったので以下に紹介しておきます。
平成21年度 民主党・無所属連合 予算要望書
【はじめに】
 約84万人という23区最大の人口を要する世田谷区においては、他の自治体の規範となるべきであり、貴重な税金を原資に運営している行政組織である以上、自らを様々な角度から点検し、区民の目線で行政運営をしていかねばなりません。
 昨年より続く原油高や、食料などの価格高騰は産業界だけではなく、区民生活に多大なる影響を及ぼしております。このように区民が厳しい生活を強いられている状況において、予算の中心もこれまでのような土木中心から区民生活重視に移行していかねばなりません。
 この度、我が会派は多くの区民の期待に応えるべく、責任ある会派として、より一層区民目線で要望書を作成しました。
 昨年同様に文章で列挙するだけでなく、要望項目を一覧表に記し、より精緻に各事業の概算額を記入しました。また、歳出削減項目に歳入増項目を追加し、確保した財源をもって、新たな予算を要望することとしました。
 世田谷区においてはこれらの状況を踏まえた上で、我々会派の要望事項を真摯に受け止め具体的な政策として予算化し、実行することを強く望むものであります。
【 歳入増・歳出削減による財政改革】
 まずは、我々議員自身から襟を正すべきであり議会改革によるコスト削減は引き続き積極的に取組んでいきます。その上で、昨年同様、入札制度改革や外郭団体を含めた組織改革などを実践することにより、行政におけるムダなコストをカットすることを要望します。また、来年度は基金の積極運用や滞納税の徴収強化などによる歳入増もより注力することを要望したうえで、次のような予算を要望します。
【 平成21年度予算に反映すべき最重点項目】
①「チルドレン・ファースト」の社会の実現にむけて
 昨年要望した保育環境の充実や教育環境の改善に加え、少子化対策全般に注力することを要望します。
 まず、不妊治療の補助や出産費用の助成など安心して子どもを産み育てる環境整備を求めます。
 次に、子どもが育つ環境改善という観点から、子どもを育てることに従事する人達の待遇改善を求めます。また、教育においてはこれからの時代を生きていく上で必要となる教育に予算を確保することを求めます。
②「低負担高満足」の福祉サービスの構築
 引き続き、高齢者と障害者に対する福祉サービスを充実させていくことに加え、産科小児科をはじめとする地域医療の充実に繋がる予算措置を求めます。
 まずはそれぞれの実態を区は詳細に把握できるよう調査し、生活が困難となっている高齢者や障害者、その家族など福祉を必要とする人々が、自分らしく満足できる暮らしを実現できるよう、予算を確保することを求めます。さらに、健康な高齢者がその健康を維持できるよう積極的に支援していくことも求めます。
③いつまでも安心してくらせる世田谷の実現
 まずは安心して安全に暮らせる世田谷を実現するために、防犯防災に関する新たな取組みに予算措置を求めます。
 そして、NPOや地域住民が一体となって、区民主体の「自治」確立できるよう、出張所改革やまちづくりの抜本的な見直しを求めます。
 さらに、いつまでもこの地域で暮らせるよう環境対策として、自転車利用の促進やCO2削減の為の取組みに予算措置を求めます。
以上

CATEGORY:未分類

古い記事