「風間ゆたか」ホームページ > 国民不在の自民党政治

福田総理の突然の辞任報道が先ほどありました。
またもや国民無視の無責任辞任。
この時期の突然の辞任が再現したことに関する記者からの質問に対して、
「安倍さんとは理由が違う」などという、子どもじみた返答。
記者も国民も、総理大臣というこの国のリーダーが「突然辞任」という同じ結末となることに、問題意識がないのか?を聞きたかったはずです、
なぜ、解散総選挙で国民に問う前に、辞任なのか?
野党だけでなく、与党間での調整が上手く進まず、このままではやっていけない、ということがわからなくはありませんが、自民党の政権維持=自民党内での総理大臣たらいまわしは、いい加減辞めてほしいものです。
年内の解散総選挙もより可能性が高くなったのではないかと考えますが、我々地方議員も ますます年内忙しくなりそうです。
この国の再建の為に、政権交代しなければならないと強く思います。

CATEGORY:未分類